灯油ストーブは臭い?エアコンとの様々な違いを紹介!

スポンサードリンク





日本で過ごす場合は、冬になると暖房器具が必須となります。

その暖房器具の定番としては、灯油ストーブとエアコンが挙げられますが、それぞれ違いがあります。

灯油ストーブとエアコンの基本的な違い

まずは対応できる温度の違いで、エアコンは基本的に暖房だけでなく、クーラーの機能も備えているため、一台あれば一年中温度管理を任せられます。

それに対して、灯油ストーブは暖房専用なので、夏に冷房が必要になると、別の器具を用意しなければなりません。

また使用しない時期には、収納しておくスペースも必要です。

エアコンの臭いの原因と対策

そして両方とも使用する上で、臭いが発生する可能性があり、エアコンの場合は、フィルターに集まったゴミが原因になることが多いです。

それがカビの温床となり、カビ臭さを伴った空気を室内に送ってしまうわけです。

これは定期的に掃除をしたり、対策された機械を選ぶことで予防できます。

灯油ストーブの臭いの原因と対策

それに対して灯油ストーブは、燃焼させる際に車の排気ガスに似た臭いを発生させます。

それは特にタンクを設置する際に、燃料が少し漏れたり埃が詰まるなどで、不完全燃焼が起こっている場合は強くなります。

これもタンク設置を慎重に行ったり、定期的に掃除することで、抑えるのは不可能ではありません。

ただ完全燃焼のためには、十分な酸素量が不可欠で、密閉した空間で使い続ける、と一酸化炭素中毒のリスクがあります。

なので寒くても、多少の換気が必要だということには注意しましょう。

エアコンと灯油ストーブの稼働

またエアコンは電源さえ繋いでいれば、一日中稼働させられます。

その状態を維持するために必要なのも、フィルターの掃除や、数年おきのメンテナンス程度で済みます。

その点灯油ストーブだと、燃料が減ったら稼働できなくなってしまうため、頻繁に補充しなければなりません。

容量が少なかったり稼働させる時間が長ければ、一日に複数回の補充が必要になることもあるでしょう。

タンクの蓋を開けてポンプを使用する手順で、手袋をしていても多少は手に付着するので、不快な思いをするかもしれません。

またその臭いに耐えられない人にとっては、補充する作業そのものが苦痛になるでしょう。

灯油ストーブとエアコンの費用と使い勝手を検討

したがって、手間がかからず快適に稼働させやすいのは、灯油ストーブよりもエアコンということになります。

そして費用面で比較してみると、ランニングコストは必要なワット数や変動する灯油の価格に左右され、どちらかが必ず安くなるということはありません。

しかし製品の購入の場合は、エアコンの方が高くなります。

数倍の差が出ることも珍しくはないので、費用と使い勝手を天秤にかけて考えましょう。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする