これであなたもできる節分飾りの手作り!1から分かる作り方レシピ

スポンサードリンク





国内には古くから節分を行う行事があり、幼稚園から高齢者の方まで、毎年欠かせないイベントとして、楽しみながら1日を過ごすことは通例のようになっています。

厄除けを行うことや邪気除けとしてイベントは開催されており、年齢に合わせた個数の豆を食することや、鬼に豆を投げるという文化も定着しています。

節分の飾りを手作りでの簡単な作り方

節分の日程前には、飾り物を作ることを行う方も多く、自宅で行う場合は鬼のお面やお福様のお面を用意するだけで済ませることも可能です。

一方で幼稚園や高齢者施設の場合では、参加する人数が多いことにより、飾りを手作りしている施設も数多く存在しています。

作り方は、DIYを得意としている方は簡単ですが、そうではない方が作るには、画用紙や色紙を使って、鬼の顔を作り出したり、お福様の顔を作る方法は非常に簡単です。

折り紙で作る方法はあるものの、飾りとして使うには、色紙を貼り合わせて平面な飾り物にした上で、壁に貼り付ける方法で簡単に済ませられます。

節分の飾りを手作りで粘土を使った作り方

更に盛り上げたいと考える場面では、粘土を使って立体物を作る方法も悪くはありません。

粘土は100円ショップで販売されている軽量タイプが向いており、赤鬼や青鬼のように購入する粘土の色を複数購入しておくことで、存在感のある手作り品を完成させられます。

和風の行事であるが故に、イワシや葉を色画用紙で作ると更に雰囲気を良く保つことに成功できます。

節分の飾りを手作りでインターネットを使った作り方

自作での作り方に限界を感じてしまうような際には、インターネットの環境を活用する、飾り物の作り方のレシピも使い分けることができるようになります。

節分というキーワードや、節分と型というキーワードで画像検索をしてみると、無料でダウンロード可能なサイトに辿り着くことができます。

ヒットしたサイト内には、プリントアウトして自由に使えるひな型を用意しているので、まずはサイトから欲しい画像をダウンロードし、その後にプリンターで印刷を行う方法であれば、誰でも簡単に作れる方法です。

ファイルサイズが大きい場合は、ダウンロード後に縮小してからプリントアウトする方法がありますが、素晴らしいデザインの画像があれば分割してプリントアウトを行い、その後に貼り合わせをすることで大きなサイズの手作り品を完成させられます。

ネット環境は非常に頼もしい存在として活用することができ、鬼のお面やお福様のお面でも無料ダウンロードを可としているサイトも数多くあるので、パソコンとプリンターの連携作業により、完成度の高い節分のイベントを行えるのではないでしょうか。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする