大晦日の電車は時間通り動いてるのか?大掃除、しめ飾り、初詣!

スポンサードリンク





年末は大掃除で家を綺麗にしよう

街中も師走に入るとなると、人の波の動きも普段に比べて激しくなっていき、市場なども活気に満ち溢れています。

特に一年を締めくくる年末までには、家の大掃除や仕事納めをして、新年を新たな気持ちで迎えたいと考えている人は、多いのではないでしょうか。

この時期に行われる大掃除は、普通に家を綺麗に掃除するだけでなく、お寺などでもかなり大掛かりな掃除を徹底的にされます。

家の大掃除にしても、普段は掃除しないような、網戸や窓拭きをいつもより念入りにしたり、戸棚の上や柱などを拭いたり、蛍光灯などの傘の部分を拭いたりと、かなり重労働にはなりますが一年の汚れをしっかり落とそうと頑張って綺麗にします。

大掃除の後は正月飾りや門松の準備

綺麗にしたら終わりではなくて、その後には、正月飾りなども準備をしないといけませんが、特にこの正月飾りに関しては大切で、飾ることによって年神様を家に迎えて、その年一年の生きる力や幸せをもたらしてくれるといわれています。

中でも玄関などに飾る門松には、松と竹と梅があしらわれていて、松には祀るにつながる樹木として、愛でたいということから用いられていて、竹は3日ほど経てば、背丈ほど伸びるということから生命力の象徴という意味合いで、梅の花は新春に咲くことから、一年の始まりにふさわしい花であるということから用いられているそうです。

しめ縄や鏡餅で神様を祀る

他にも同じく玄関に飾られるしめ縄に関しては、神社などで張り巡らされている意味と同じで、神様を祀る神聖な場所に、不浄なものなどが入ってこない為とされていて、そのしめ縄に縁起物である裏白という紅白の紙や、神の力が宿るとされている御幣など、他にもその家系が長く続く事を願うといわれるゆずり葉などがあります。

鏡餅に関しても二つの餅を重ねて、円満に年を重ねるという意味合いを込めているそうです。

大晦日の電車は臨時列車なども動いているから安心

そのような年を迎える飾りを済ませると、新年の年神様に挨拶するという初詣に、早い人だと大晦日に電車で向かう人も中には出てきます。

電車も時間通りに動いてるのか心配される人も多いかと感じますが、大晦日に関しては、遅滞と言っても新幹線の帰省による上り下り共に、例年は主要都市に限り少し出ている傾向にあります。

それ以外の地方に関しては、実家に帰省してすでにゆっくりとされているケースが多く、あまり心配する必要はないようです。

特に日の変わる頃の夜にかけては、初詣に向かう人専用に臨時列車などが運行されるので、仮に乗り遅れたとしても、次の電車が普段よりも多く来るので、安心して大丈夫です。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする