大晦日にそばの出前を頼んだら年内に届くのか検証してみた

スポンサードリンク





大晦日に年越しそばを食べる風習

日本では年越しの際に、年越しそばを食べるという風習が有ります。

これはどういうことかというと、悪い厄を断ち切るという意味が込められているからです。

ラーメンなどの麺類とは異なり、歯切れが良いというのが特徴でもありますし、「1年の厄を断ち切る」という意味が込められています。

さらに細く長いという形状である事も、長生きを連想させるということもあるので、縁起物として使われています。

さらに新年の初もうでに向かう際にも、大晦日に食べたものが、そばであれば胃もたれしづらいというメリットも有ります。

この日に食べる、夜食としても最適といえるでしょう。

大晦日に食べる年越しそばの出前

やはり自宅で作るのも良いですが、美味しいお店の出前を利用したいと思っている方も、多いのではないでしょうか。

年の瀬が迫ると、お蕎麦屋さんの店頭には張り紙が張り出され、出前の要望は何日前からお願いします、といったような内容で書かれている事も有るでしょう。

大晦日に食べるのが習わしですので、集中してしまうと店舗では、行列もできますし、なかなかありつけないということも有ります。

大晦日にそばの出前を頼んだら年内に届くのか

大晦日に出前を頼んだら、年内に届くのかという検証をしてみると、まず利用するお店やその立地にもよるという事と、依頼の電話をいつかけるか、ということによっても変わってくるかもしれません。

ちなみに、一般的に年をまたいで食べるのは、縁起が悪いと言われています。

厄を翌年に持ち越すという意味合いが、出てきてしまうためです。

しかし、逆に地域によっては、新年をまたいでから頂くという風習の所も有りますし、地域によっても異なるので調べてみると面白いです。

年越しそばは当日のオーダーには注意

あくまでも年内に食べる事を想定して注文をしたところ、営業時間で深夜にも出前をしてくれるところですと、運が良ければ年内に届けてもらうことが出来るといった感じです。

基本的には、当日のオーダーですと、キャパオーバーで断られてしまうケースもありますし、万が一、オーダーが通ったとしても、年を越してしまう可能性も有ります。

お蕎麦屋さんにオーダーをした際には、予約状況なども分かりますし、予想時間も教えてもらえる可能性も有りますので、年内に食べられるのか、年を越してしまうのかと、気になるようでしたら事前に確認をしておくと安心です。

個人経営のおそば屋さんの場合は、深夜には出前注文を受け付けていない事も想定されますし、営業時間にも関係してきます。

臨時で延長している事も有りますので、お店次第といったところです。

いずれにしても早めにオーダーするのが理想です。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする