初心者でもできる!七草粥×炊飯器+お餅の激ウマレシピをご紹介

スポンサードリンク





七草粥は、春の七草やお餅を使った、日本の伝統料理の一つです。

春の七草は胃を休め無病息災を願う

お正月のお節料理やお酒を、食べたり飲んだりしていると胃も弱ってしまう、ここであっさりとしたお粥を食べることで、弱っている胃を休める効果があるといわれています。

毎年1月7日に食べる習わしがありますが、特別1月7日に食べるだけでなく、食べたいときにいつでも作って食べることができる料理です。

しかも炊飯器を使って作ることもできるので、余ったご飯がなければ作れない料理でもないわけです。

1月7日に食べる理由の中には、胃を休めるだけでなく、無病息災を願うなどが挙げられます。

春の七草はどのような食材?

ちなみに、春の七草とはどのような食材になるのかご存知でしょうか。

春の七草は、セリ・なずな・ごぎょう・はこべら・仏の座・すずな・すずしろ、この7種類の植物や野菜です。

セリは、セリカの植物で鍋物料理などで使うこともある食材、なずなは、アブラナ科の植物でぺんぺん草などの言い方でも呼ばれている野草です。

ごぎょうは、キク科の植物で現在ではハハコグサと呼ばれるものです。

はこべらは、ナデシコ科の植物、仏の座は、キク科の植物、すずなも、アブラナ科の植物でカブそのものです。

後はすずしろですが、これもアブラナ科の植物で大根を意味するものです。

一般的に入手ができない食材もありますが、セリ・大根・カブなどは、お店で買うことが出来る食材といえましょう。

七草粥を炊飯器で作り餅でとろみをつける

お粥で炊くときには、土鍋でやる人も多いかと思われますが、炊飯器でもお粥を作ることが出来る製品が多くあります。

ポイントは、水分の量をどのくらいにするのか、といったことになりますが、炊飯器のお釜には水位線が刻まれているので、お粥の位置まで水を入れれば良いのです。

七草粥は、フリーズドライの商品もあるので、炊飯器の中にそれを入れてスイッチを押すだけ、とても簡単に作ることができます。

ただ、フリーズドライでは、物足りないと感じる人も多いかと思われますが、お店で入手ができるものをみじん切りにして入れてあげればボリュームがアップしますし、炊飯器で七草粥を炊く際に、お餅を入れると適度にとろみがつくなどのメリットもあるわけです。

七草粥を一度作ってみよう

なお、最近は元旦から営業を行っているスーパーも増えていますが、七草粥の元ともいえる食材の中で生のものは、1月4日から5日頃から店先に登場します。

フリーズドライと比べると、値段は高めではあるけれども、それぞれの食材が持ってる味や食感を楽しむことができるので、一度やってみると良いでしょう。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする