日焼けで赤いぶつぶつができる人の特徴とは?

スポンサードリンク





私には、庭付きの一軒家があります。

毎年6月の初めと、梅雨の終わりに、草むしりを行います。

6月の初めは、やや涼しいのですが、梅雨の終わりの草むしりはとても暑いです。

大量の汗のほかに肩から腕にかけて日焼け

毎年ですが、草むしりを終える頃には大量の汗のほかに、肩から腕にかけて日焼けをします。

2日から3日経つと皮が剥けて、ヒリヒリと痛い状態が続きます。

腕は黒くなっているのですが、足の方の日焼けは赤いぶつぶつが出てきます。

最初この斑点模様を見たときは、とてもびっくりしました。

しかし不思議と2日から3日経てば、何事もなかったように跡は消えるのです。

ただその状態がある時は、とてもその部分が痒くなります。

若い時はあまり気にもなりませんでしたが、年齢を重ねてきてある程度の歳になると、病気と間違えてしまい見ただけでも、びっくりしてしまいます。

赤い斑点と強いかゆみ

腕の方は普通に皮がむけて、黒くなるだけなのですが、膝から下は、日焼けをしたその日からヒリヒリとし、赤い斑点が浮き出てきます。

その頃には、強いかゆみにも襲われ、朝起きてから夜寝るまでの間、結構な頻度で足をかきむしってしまい、たまに血が出てしまうぐらいです。

寝ている時も、無意識でかきむしっています。

ただ数日過ぎると、何事もなかったかのように消えてしまいます。

強い日差しを浴びる時は紫外線を浴びないようにする

最初は草にやられたかと思ったりもしましたが、汗をかくとこのような形で浮き出てくるのです。

考え方は違うかもしれませんが、もしかしたらあせもの可能性もあります。

昔の経験ではありますが、汗疹も確か痒くなった気がします。

これは日焼けと関係はあるのでしょうか。

紫外線は長時間浴びると、シミの原因になったりもします。

若い時には、黒く日焼けをすることで健康な見た目になり、シミになる頻度は少ないのですが、年齢を重ねると、目立つようになります。

ひどい時には、皮膚がんの原因になることも忘れてはいけません。

強い日差しを浴びる時は、出来る限り、紫外線を浴びないように心がける必要があります。

日焼け止めを塗るなどの対策をしっかりとし、焼いたりしないような努力をしていきましょう。

日焼け対策は常に練る必要がある

赤いぶつぶつがでる人は、人より多く汗をかいている人が起きやすい現象です。

気温が高い時の太陽の下で、作業するのは控えたほうがいいです。

可能であれば、時期をずらして作業をしたり、やや視界は悪くなりますが、夜のうちに作業をしたりなどの工夫はして行った方がいいです。

体が反応して、発疹を出しているのは警告です。

この警告を無視しないように、常に対策を練る必要があります。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする