汗のかぶれが背中にできにくくなる方法を紹介!

スポンサードリンク





夏場になると、気になるのが汗かぶれです。

特に肌の弱い人は、毎年の悩みの種になっていませんか?

暑いとどうしても汗をかくし、顔などと違ってすぐに拭くことのできない場所は、かぶれを引き起こしやすくなります。

そのためにはできるだけ対策をして、予防をすることが大切です。

汗かぶれできたらシャワーで背中を流しましょう

意外と多い汗かぶれが背中で、会社や学校などに行っていると、なかなか拭くことが難しいです。

まず大事なのは、ベタついた状態を、そのままにしないことです。

毎日家へ帰ったら、すぐにシャワーを浴びて背中を流しましょう。

つい、擦りすぎたり、強いボディソープなどを使いがちですが、できるだけ皮膚に刺激を与えないようにすることがポイントです。

低刺激の石鹸やボディソープで、優しく洗い流してください。

ボディローションやデオドラントスプレーでお肌を守ろう

シャワーの後は、ボディローションなどをつけると、肌が整います。

お出かけ前には、スプレータイプのデオドラントを使います。

デオドラントスプレーには、汗や臭いを防いで、肌をドライにする効果が期待できるのです。

パウダー入りなど、よりサラッと感を感じられるものもあるので、色々試してみてください。

日中はやはり、こまめに拭くのが理想的です。

トイレ休憩などの際に、タオルで拭くだけで随分違います。

ボディシートなどを使うのもスッキリしておすすめです。

汗かぶれを背中から守るドライインナー

直接的な対応以外では、夏場に着る服にも気を使ってみてください。

綿は水分を吸収しやすいですが、厚さがあるため、夏場には暑く感じるかもしれません。

おすすめは、ドライタイプのインナーを着ることです。

最近は機能的な、夏用ドライインナーが豊富に出ています。

ドライタイプの服は、汗をかいても、素早く乾かしてくれる作用があるのです。

汗かぶれは、いつまでも背中に湿った服が、貼り着いているいることが原因の一つになるので、速乾効果のある服なら、そんなストレスも軽減されます。

夏専用にできているため、冷感接触なども併用されていることもあります。

このようななインナーを着ることで、サラサラで快適に過ごすことができるでしょう。

まとめ

このように対策として色々と方法がありますが、肌質は人それぞれなので、自分に見合った方法を探すことが一番大事です。

背中専用のお手入れグッズなどもたくさんありますが、自分に合っているかを、見極めた上で使ってください。

背中のかぶれができてしまった時には、放置せずに、できるだけ早く病院へ行ったり、薬を塗ったりと、対処することが肝心です。

毎年のようにかぶれを起こす人は、優しく肌を労わるように心がけましょう。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする