新築祝いの相場やマナー!子供が家を建てた時はどうすればいい?

スポンサードリンク





新築祝いの相場!両親から子供へ贈るときのマナー

両親から子供への新築祝いは、一般的に他の場合と比べて、高額になる傾向があります。

もちろん身内同士のことなので、全く贈らなかったり安い金額でも問題はありません。

ただ子供が結婚している場合には、両家の間の暗黙の了解もあるでしょうから、あまり一般的な感覚から懸け離れた祝い方はしない方が無難です。

親族間の新築祝いの相場は

では一体どれくらいの祝い金を包めばいいのか、まず具体的な相場としては、3万円から5万円が妥当です。

若しくは、これくらいの金額に相当する商品券や贈り物をするのでも、マナーとして適切になります。

友人や知人の新築祝いには、1万円前後が相場と言われていますから、いかに親族間となると高額になるかが判ります。

新築祝いを渡す時期

渡す時期は新居完成から少しして、大体半月後から2ヵ月後くらいがいいでしょう。

いつ完成したかよりも、いつ完成の報告を受けたか、ここがとても重要です。

前のめりに、子供からの報告を待たずして贈るのはマナーとして良くなく、落ち着いてタイミングを見計らってください。

先述のように、子供が結婚していれば、相手方の家がいつ渡すのかが気になるところです。

我先にと慌てて渡すと、向こう側にもバタバタとさせてしまうかもしれませんので、完成の報告から一呼吸して渡すようにしてください。

その方が子供も、引っ越し作業などのやるべきことを先に終わらせることができるでしょう。

新築祝いに物を贈る場合に注意すること

もし現金ではなく物を贈る場合、火事を連想させるものは、絶対に避けなければいけません。

例えば、暖房器具や赤いもの、火を使う家電なども論外です。

縁起は気にしない人はいるかもしれませんが、マナーとしての話なので贈らない方が安心です。

また家のデザインや内装によって、家具や家電にも向き不向きがあります。

親目線で良しと思ったものが、迷惑になることもあるわけです。

世話が大変な観葉植物なども、負担になる可能性があるため、しっかりと覚えて配慮しておきましょう。

新築祝いに現金を渡す場合はマナーを間違えないように

何を贈ればいいのか判らないなら、やはり現金を渡すのが最も喜ばれます。

いくら包むのか、いつ渡すのかのマナーさえ間違っていなければ、他に特別注意しなければいけないことはありません。

両家の価値観を主張し合うようなきっかけにならないよう、家を建てるというのは大変なことですから、波風の立たないお祝いをしてください。

少し時間が経てば、今度は逆にお返しを貰うことになるはずです。

それに対しては、何も贈り返さなくて結構ですので、素直に受け取って言葉のお礼を返しておくと理想的でしょう。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする