新築祝いの相場って?部下にはどのくらい渡すのが正解?

スポンサードリンク





部下が新しい家を建てた場合には、家を建てたことに対してのお祝いや、スタートする新生活に対する応援という意味を込めて、ご祝儀を贈ることが一般的です。

新築祝いの相場として部下へ贈る金額

新築祝いを渡す場合には、立場によって渡す金額は異なってきます。

上司から新築祝いの相場として部下へ贈る金額は、およそ3000円から8000円程度だと言われています。

ただし、上司の立場である場合には、関係性によっては1万円以上を贈った方が良いとされています。

あまりに高額な新築祝いを渡すと、もらう部下の方もお返しに困ってしまう可能性があります。

そのため、渡すお金は一般的な額にしておき、お酒や食品などの品物をプラスして贈るという方法もおすすめです。

新築祝いは紅白の蝶々結びの水引のついた祝儀袋を使用

社内での関係性にも影響してきますが、上司から部下に贈る際には、不公平があると職場の人間関係にも影響してきてしまう可能性が考えられます。

そのため親密度には関係なく、一律の額を贈るようにするとあらかじめ決めておくことが、無難と言えます。

部下に贈る際には、立場的には少しばかり高めの金額で、お祝いを贈るのが一般的になっていますが、贈る際には紅白の蝶々結びの水引のついた祝儀袋を使用して贈ります。

表書きには「御新居御祝」「御新築御祝」「御祝」などと書いて、水引の結び目の中央下に、小さめに指名を書いて渡すのがマナーです。

品物を渡したいときは食べ物などが無難

品物を渡したいという場合には、食べ物などが無難となります。

食器やタオルなどを贈るケースもありますが、相手にとって実用的なものかわからないため注意が必要です。

インテリアも相手の好みなどがあるため、避けた方が無難です。

食べ物の場合には、日持ちがしやすい焼き菓子セットや、お酒が好きな人には名入れのワインやおつまみセットなどが向いています。

コーヒーセットや紅茶セットなどのいろいろなものが贈れます。

実用的なものを贈りたい時はカタログギフト

趣味がわからないけれど、実用的なものを贈りたいという時には、カタログギフトがおすすめです。

カタログギフトであれば食品・飲料から、タオルや食器、インテリアなどいろいろなものが取り揃えられている上、贈った人の好きなものが選べるというメリットがあります。

ただし、品物を贈る場合には灰皿やストーブなどの火を連想させるものや、倒れる・崩れるを連想させるようなものを贈るとマナー違反となってしまうため注意します。

新築祝いを贈る際には、相手の立場に立って贈ることが重要です。

贈る金額だけではなく、相手の喜んでもらえるような品物を用意することが大切となります。

新築祝いの相場は難しいですが、上司から部下に心が伝わるものであれば、お金でも品物でも喜んでもらえるものであれば、何でも許される気がします。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする