新築祝いの金額!親が子供に渡すのに妥当な額は?

スポンサードリンク





新築祝いを子供に渡すのに、妥当な金額はどれくらいでしょうか。

新築祝いの金額は親から子へ平均して十万円程度

調査によると、平均して十万円程度です。

しかし家庭によって、金額はかなり異なります。

それは、経済状態や経済感覚、あるいは親子関係によって決まるからです。

結婚祝いにいくら上げるかという点と同じです。

比較することはあまり意味がありません。

十万円というのは、平均して出たものですから、五万円の場合もあれば百万円という場合もあるでしょう。

誤解が生じないように、後々の関係を考えるなら、十万円程度を渡しておけば大きな問題は起きません。

親が渡す新築祝いは相手側の両親とのバランスも大事

とはいえそれまでの、金銭授与に関する履歴は一つの要素です。

たとえば、結婚や出産でかなりの額を渡した場合は、新築祝いには、少な目に渡すこともあるはずです。

あるいは、相手側の両親とのバランスもあるでしょう。

双方があげた額は、いずれ知ることになると思われます。

その場合にも、平和な関係を保つことができることを考える必要があります。

もちろん結婚は二人の結びつきであり、本人同士が納得していることが大切です。

それでも、双方の家族とはこれからもずっと続けていく必要があるので、些細なことにトラブルがないようにしておくべきです。

場合によっては、具体的な金額は、内密にしておいた方が賢明です。

新築祝いの金額を決定するには気持ちが大事

ある三十代の男性は、新築祝いに自分の両親から十万円もらいました。

一方、奥さんの側からは百万円でした。

人によっては、なんとなく気まずいと感じるかもしれません。

しかし、娘の幸せを願う親が、できるだけのことをしてあげたいというのは自然なことです。

プライドを気にする必要はありません。

ですから金額を決定するのは、気持ちが大事であり、いくらであっても気遣いを示すことができるでしょう。

貰った子は新築祝いをありがたく活用することがポイント

家を建てたあとは、現実問題としてローンが残っていますから、一生懸命働いて返さなければいけません。

出費を、これまでよりも節約をすることも必要です。

年長者は、そうした苦労をすでに経験済みですから、子供を気遣って、できるだけ援助したい考えます。

感謝を示して、ありがたく活用することがポイントです。

孫がいるならなおのこと、サポートしたいと考えるはずです。

反対に、家庭によって経済状況は様々ですから、相場や平均よりも、安くても後ろめたく思う必要はありません。

できる範囲で、助けることが大事だからです。

金額が少ないからといって、絆に影響を及ぼすことはないでしょう。

子供も親の生活を犠牲にしてまで、新築祝いを欲しいと願うはずはありません。

親が子を思う気持ちは、いつの時代も変わりません。

新築祝いの金額にこだわる親の気持ちは、子の立場として感謝して受取りましょう。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする