新築祝いの包みにはどんなのしや水引をつけるべき?

スポンサードリンク





親しい友人や勤務先関係、また、家族や親族などが新居を建てた場合には、気持ちを伝える新築祝いを渡すことが多いでしょう。

新居に飾るインテリアなどの品物や、便利なカタログギフトを贈ることもあるかもしれませんが、個人の好みや必要の有無もあるため、お金や商品券を渡すのが一般的です。

新築祝いはのし付きで渡すのがマナー

新築祝いとしてお金を渡す場合には、必ずのしをつけて贈るようにします。

心からお祝いの気持ちを表すために、また、新たなここでの暮らしがこの先もずっと平穏に続いていくことを願い、きちんとのし付きで渡すのがマナーです。

持参して直接渡す場合には外のし、宅配などで送る場合には内のしにするといいです。

新築祝いのしの書き方

結婚祝いや出産祝いと比べると、新築祝いを渡す機会はそれほど多くないかもしれないので、のしの書き方や水引について迷うこともあるかもしれません。

新築祝いの表書きは、「新築御祝」や「祝御新築」または「新居御祝」などとし、シンプルに「御祝」とすることもできます。

新築でない場合のお引越しやよく分からず迷う場合には、「御祝」とするのが無難です。

濃い色の筆か筆ペンではっきりと楷書で書き、その下に少し小さく基本的にフルネームを記載します。

連名の場合、3名までは年長者から順に左側へ書き、友人童同士なら50音順にします。

夫婦の場合には真ん中に夫のフルネームを書き、その左側に妻の名前のみを書きます。

4名以上の場合は代表者の名前のみを書き、左側に小さく「外一同」と書いて別紙に送り主リストを記載します。

新築祝いの祝儀袋の水引

祝儀袋の水引は、5本か7本の奇数で一組の紅白の蝶結びを選びます。

蝶結びは、すぐにほどけてまた結び直せることから、何度あっても良いという意味合いがあり、お祝い事が何度も続きますようにという慶事にピッタリの結び方です。

同じお祝いの水引でも、結婚式や快気祝いといった何度も繰り返したくはない場合に使用する、結び切りのものは選ばないよう注意が必要です。

また、色も紅白ではなく、黒白や黄白の水引は弔事用なので使用できません。

ただし水引の選びかたは地域性が強く、その土地ごとに伝統もあるため、地域の風習にならうようにすると安心です。

新築祝いを受け取った側が、誰からのものか一目で分かり気持ちよく真心を受け取れるよう、贈る側はこうしたマナーや気配りに配慮して選ぶことが大切です。

お祝いの気持ちを伝えるために、マナーに反していたり、うっかりミスで相応しくないものを選ぶことは避けたいものです。

新築祝いの祝儀袋ののしや水引は、普段使うことが少ないので、間違ったものを使いがちです。

年配の意見などを聞きながら、マナーにのっとった方法で行いましょう。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする