もうすぐ冬休み!ある保護者が残した伝説のコメントとは?

スポンサードリンク





最近では、学校と保護者との連絡を密に取ることも多くなり、休みの前などは学校の担任と保護者との様々なやりとりが行われます。

冬休みに入る前の保護者のコメントは感謝の気持ち

その中でも、冬休みに入る前に様々な子供の安全を願う担任のコメントに対して、しっかりと反応する保護者が少なくなってきたと言う声もよく聞かれるようになりました。

その中で、ある保護者が単純に送った伝説のコメントがあります。

それは、冬休みに入る前に子供が成長した姿に対して担任に感謝の気持ちを送ったコメントです。

出来なかった子供が成長した事に感謝

2学期に入る前には自分で身の回りのことができなかった子供でした。

そんな子供が、冬休みに入る前には、自分から率先して家の手伝いなども積極的にすると言ってくれたことに対するお礼です。

夏休みの終わりには、宿題を完成させることができずに必死で取り組んでいたのです。

冬休み前には、その子供が二度と同じ失敗をしないと、自分から計画を立てて毎日実行すると言い始めたことに対する成長を感じたと言うものでした。

担任に対する感謝の気持ち

これだけでは単純に子供が成長したと言う感想を述べたことに過ぎませんが、このコメントの重要なところは担任に対する感謝の気持ちが含まれていたことです。

子供がこれほど成長したのは、先生が頑張ればできると言う姿勢を身をもって示してくれたからですと言うことで、感謝の気持ちが添えられていました。

子供の成長は学校の担任のおかげ

最近では、子供が学校に行くのは当たり前であり、その間の様々な指導をするのは、担任の義務であると言う風潮があります。

そのため、子供が成長した場合でも学校の担任のおかげだと言う気持ちを持たない人が増えているのが実態となっています。

しかし、子供はうるさく注意をしてもなかなか言うことを聞くものではありません。

自分が実際にその場面に直面して身をもって経験しないとなかなかわからないと言うものです。

そのため、日々その手本を示してくれた担任に対して感謝の気持ちを表しているとともに、子供の成長を喜んでいるといった気持ちが表現されているものです。

担任と保護者の信頼

多くの担任は保護者の意識とのギャップに苦しんでいることが多く、また子供を教育すると言うプレッシャーにさいなまれていることも少なくありません。

このような時に感謝の気持ちが表現されていると、非常に嬉しくなるとともに自分に自信を持つことが出来るようになるものです。

子供は学校も休みになると急激にその生活リズムが乱れてしまい、最近では学校に行きたくないと思うことも少なくありません。

その状況を改善するためにも、担任と親との効果的な意見の交換は非常に重要です。

2学期も終り、冬休みになってくると、保護者のコメントが気になるものです。

残りの3学期をどう乗り切ろうかと悩むのもこの時期です。

こうした、冬休み前に、保護者からの感謝のコメントは、担任にとってどれだけ勇気づけられることでしょう。

担任と保護者の信頼こそが、子供の成長を促すものですね。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする