転職活動で面接官の不採用サインに気付く方法とは?

スポンサードリンク





転職活動で、効率的に貴重な時間を有効に活用する方法は、効率的にその活動を行うことです。

そのため、採用の可能性が薄い会社にいつまでも固執することなく、常に新しい活動を行うことが非常に重要なポイントとなってきます。

転職活動で面接官が発する不採用サインに早めに気づく

そのためには、結果の通知をじっと待っているのではなく、面接の際に、面接官が発する不採用サインに早めに気づき、次の活動を行うための判断をすることが非常に重要なポイントとなります。

面接の結果は、実際にその通知を待たないとわからないと思っている人も多いのですが、そのほとんどは、終了した段階で決まっていると言うことも多いのです。

数多くの人に対して対応をしなければならない担当者は、結果をできるだけ早く出すことによって、その効率を高めようとする場合が少なくありません。

そのため、実際に完了した段階で、既に採用か不採用かを決めていると言うことも多く、知らず知らずのうちに、そのサインが示されていると言うことも多いのです。

面接官が発する次に進んでほしいと言う思いやり

また、受験者に対して早めにその結果を知らせることで、次に進んでほしいと言う思いやりの気持ちから、サインを出すこともあります。

この場合には、比較的明確にこれらを示してくれることになるため、そのサインを見逃さないことも重要なポイントとなってきます。

このようなサインは、担当者の言葉の端々に表れやすいものです。

合同で行われる場合には、周囲の人に対して、自分に対する質問時間が短かったり、自分が発した答えに対して、さらにその内容を掘り下げるような質問がなかった場合には、あまり興味を持たれていないと言うことになるため、不採用サインであるケースが少なくありません。

転職活動で面接官の不採用サインは至るところで発せられる

また実際に言葉には現れなくても、様々な態度に表れることも多く、例えば、結果に関する連絡の時期を聞いてもその答えが曖昧であったり、その際に目線を合わせないといった場合には、採用に対して好意的ではないと言う思いの表れと捉えることができます。

その他にも面接官の不採用サインは、至るところで発せられるものです。

積極的に採用を検討する場合には、様々な連絡に関してもこちらから質問するまでもなく、担当者の方から、積極的に期限を区切った形での日程が組まれることが少なくありません。

そのため、具体的にこのような内容の連絡がなかったり、また担当者の発言が曖昧な場合には、不採用サインであると判断することが1つのポイントであるため、次の転職活動を積極的に進めておく、ことが良い方法であると考えられます。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする