社会人が就く職業は性格によって変わるのか?傾向をまとめてみた

スポンサードリンク





社会人が就く職業は、個々の性格によってかなり傾向が変わります。

体育会系の人が好む職業

その傾向を分ける際によく使われるのが、体育会系と文科系となりますが、体育会系には、やはり営業系の仕事が人気のようです。

じっと一つの所にいるよりも、体を動かしていた方が良いと感じる人が多く、フットワークが軽いので外回りも苦になりません。

他にも、戸建て住宅や設備の施工管理や、鉄道・空港関連、不動産業界にも就く人が多い傾向にあります。

文科系の人が好む職業

それに対して、文科系は、編集やデスク、システム設計、DTPオペレーターの人気が高く、ヘルプデスクが多い点については、サポートすることを厭わない性格的な面がよく表れています。

薬剤師や臨床開発、システム設計のような、専門的な技術に特化した仕事も好まれる傾向が強いようです。

几帳面な人が多く就く職業

几帳面な人と大雑把な人とでも就く職業に違いがあり、几帳面な人が就く職業として、薬剤師や金融事務、臨床開発が上位に入ります。

他にも、秘書や経営企画、編集デスク等は向いている仕事だと言えそうです。

細かな面まで行き届いて、失敗しないように何度も確認する人が多いので、正確性が求められる職業で重宝されます。

また、同じことを行うような場合や、詳細な計画を立てながら遂行しなければならない場合にも力を発揮するタイプです。

大雑把な人が多く就く職業

大雑把な人が就きやすいのは、セールスエンジニアやWebプロデューサー、営業、広報といった仕事です。

これらは正確性よりも、実行力が求められることが多いので、細かな部分にまで気が回らなくても上手くいきます。

お店の店長をする人が多いのは意外かもしれませんが、一つの店を任された場合には、細か過ぎるよりも大雑把な所があった方が長続きするともいわれています。

真面目で硬い人が就く職業

他の分け方として、真面目で硬い人とユーモアのある人とでも就く職業には違いがあり、真面目で硬い人は、金融系の中でもアナリストやファンドマネージャーを選ぶことが多いですし、生産管理や測量の仕事に就く人もかなりいるようです。

内容的には、財務や薬剤師にも向いており、マーケティングを選ぶ人もいます。

ユーモアのある人が就く職業

ユーモアのある人は、アイディアを出すことに長けているため、イベント会社や芸能関連に惹かれる傾向があります。

映像やブライダルコーディネーター、制作進行管理もアイディアが求められる職業であるため、遣り甲斐を感じられそうだと選ぶ人が少なくありません。

接客業を天職と感じる人もいて、エステティシャンや美容師は人気がありますし、サービススタッフとしても楽しく働けるタイプです。

職業には様々な物がありますが、結果として、人それぞれの性格を活かした職業につく傾向にありますね。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする