炊飯器がカビ臭い原因とその時の対処法を紹介!

スポンサードリンク





炊飯器がカビ臭い原因とは

炊飯器でお米を炊いたら、カビ臭かったという場合、原因は何かというと、主に外窯部分や隙間に汚れがたまって、そこから臭いが出ている事が多いです。

しかし、外窯部分や隙間をきれいに掃除をしたいと思っても、炊飯器を丸ごと洗うという事も難しい為、なかなか汚れをきれいに落としきれずに、悩んでいる人も多いです。

そこでどうやったらきれいに手入れが出来、美味しくご飯を食べられるようになるかというと、いくつか方法があるので詳しく見ていきます。

炊飯器に付着している汚れを取り除く

まず、炊飯器に付着している汚れを取り除いていきます。

内釜や蓋に付いているパーツを全て取り外したら、それらは食器と同じ要領で、中性洗剤で洗いましょう。

外面や外釜は精密機械の部分なので、水洗いしてはいけません。

故障の原因になってしまいますので、雑巾や布にアルコールスプレーを吹きかけてから、きれいに汚れを拭き取ると良いです。

アルコールスプレーが手元にない場合は、お酢を水で少し薄めてから使用しても問題ありません。

クエン酸で臭い除去と殺菌効果

そして汚れを取り除いたら、次に、クエン酸で臭いを除去していきます。

内釜の中に水やレモン、あるいはクエン酸を入れて取り除きます。

レモンを使う場合は、薄くスライスしたものを1枚、クエン酸の場合は20グラム程用意しましょう。

そして、これらのどちらかを釜の中に入れたら、水を大体7割程入れて、いつも通り炊き上げます。

もちろん、この時にお米を入れる必要はありません。

しばらくして炊き上がったら、すぐに電源を切り、釜が冷めるまで待ちます。

手で触れられるぐらい冷めたら、蓋と釜を取り出し、水洗いすれば、嫌な臭いはきれいに取り除く事が出来ます。

落としきれない汚れや臭いを重曹を使って洗浄

さらに重曹を使うという方法も有効です。

殺菌効果だけを見ると、重曹はレモンやクエン酸には及びませんが、レモンやクエン酸では落としきれない汚れや臭いを、中和してくれる効果があるので、完璧にキレイにしたいのであれば、レモンやクエン酸の後にさらに重曹を使って洗浄をすると良いです。

やり方としては、重曹を小さじ半分程度釜に入れたら、1~2合目位まで水を入れます。

あとはレモンやクエン酸の時と同じように炊き上げて、炊き上がったら電源を切り、温度が下がったら、蓋と内窯を洗い流せば完璧にキレイになります。

炊飯器がカビ臭いのは外窯部分や隙間に汚れ

このように炊飯器がカビ臭いのは、長い間使い込んだ結果、外窯部分や隙間に汚れがたまり、それがカビになるからです。

しかし、これらはアルコールスプレーやレモンやクエン酸、そして重曹を使えばきれいに取り除く事が出来るので、興味がある人は試してみると良いです。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする