すだれの効果は実はない!?すだれの効果を徹底検証!

スポンサードリンク





すだれ取り付ける効果がないなら無駄?

日本では、夏の日差しを避けるために、すだれが使われています。

古い日本家屋から新築の一戸建て、マンションでも、窓の外に立てかけたり、窓に取り付けてある光景はお馴染みです。

しかし窓にすだれを設置するだけで、過ごしやすくなるか疑問に思う人はいるかもしれません。

取り付ける効果がないなら無駄になりますが、さまざまな観点から効果はあると考えられます。

すだれは日除けの効果

窓に設置する目的の一つは、日除けです。

夏は日差しが強いので、そのままだと室内に直射日光が入り、室温も急上昇してしまいます。

ですが窓の外に立てかけたり取り付けておけば、日陰を作れるので日除けになります。

日差しを遮り日陰を作るだけなら、布のカーテンなどで、密閉すれば良いと思うかもしれません。

すだれは風が通り抜ける効果

しかし布のカーテンなどで窓の周りを完全に密閉すると、日差しは遮らなくても風が通り抜けなくなります。

風が通り抜けないと熱が室内にこもってしまうため、日差しを遮れても室内は暑くて、クーラーなしではいられません。

すだれは竹や水草の葦などを麻糸で編んで作られており、表面は空気が通り抜ける構造になっています。

近年増えているビニール製でも、一つ一つの間には隙間があり通気性は高いです。

通気性は抜群なので、窓から入ってきた風も通り抜けるので、室内の熱を逃がしながら日差しを遮ってくれるので、涼しい空間になるでしょう。

すだれは紫外線対策効果

日差しを遮るということは、太陽光に含まれている紫外線も減らせます。

紫外線は人間の肌にとっては大敵ですし、室内に設置してある家具などにもダメージを与えてしまいます。

大切な肌や物を守る紫外線対策としても、有効な方法の一つです。

すだれは電気代の節約効果

直射日光を遮断し涼しくなれば、室内の温度も上がりにくくなり、電気代の節約も可能です。

部屋を閉め切りクーラーを使っていても、窓から直射日光が入っていると室温は上昇し、エアコンはフル回転します。

そこで窓際にすだれを設置し、直射日光の侵入を遮れば、室温の上昇を抑えられ、クーラーもフル回転しません。

クーラーの作動時間が減れば電気代の節約にもなるので、経済的な効果も見込むことができます。

すだれは目隠し効果

その他にも設置するメリットとしては、目隠し効果があります。

人通りの多い道路に面した窓は、開けると通行人から室内が見えてしまい、気になってしまうでしょう。

しかし目隠しにもなるすだれを窓に取り付けておけば、道路を歩く通行人から室内は見えにくくなります。

このようにさまざまな効果があるので、夏の室内を快適にしたいならすだれを設置してみましょう。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする