すだれで目隠しは危険!?夜間は外から見えている!

スポンサードリンク





人からの目線を気にせず、リラックスできて、好きな格好で好きなように過ごせる場所であるはずの家。

その中の様子が、外から見えてしまうのは誰だって嫌なことでしょう。

見えているとわかっていたら、リラックスなんてできません。

それゆえに、多くの家庭が窓にはカーテンをつけていますが、そのほかの手段として、「すだれ」の活用を検討している人もいらっしゃるかもしれません。

すだれはさまざまな場所や方法で活用

そもそもすだれは、窓や玄関に立てかけたり、吊るしたり、さまざまな場所や方法で活用することが可能な、日本では古くから愛用されてきた存在です。

そして、接地することにより、外から家の中に入り込む日差しを遮ることができ、その存在があるだけで、部屋を涼しくできる点がその最大のメリットです。

また、窓の外や玄関の外に置くことで、部屋の中に入る空気の熱を吸収してくれる機能も有しています。

つまり、直接的な光に加えて熱の吸収機能もあるため、設置するだけで、快適な住空間をもたらしてくれる、日本の古き知恵の詰まった心強い存在と言えます。

すだれは目隠しの役割

さらにその存在は、外から中の様子を見にくくする、目隠しの役割も担えます。

ただ、確かにすだれを設置することで、外から中の様子を見にくくなるのは事実である一方、一般的な厚手のカーテンなどを設置した場合並みに、その遮蔽力が高いわけではない点には注意が必要です。

ある程度、中の様子は見えなくはなりますが、完全に見えなくする効果を期待することはできません。

これは、基本的に細かく編み込まれてはいるものの、布とは違って、そもそも構造上に隙間があるためです。

すだれを目隠しとして夜に使うのは危険かも

つまり、外も家の中も明るい昼間については、中の様子が見えてしまうことはまずありません。

ただ、外が暗く人がいる場合、中が明るい状態になる夜については、昼間に比べて中がかなり見えやすくなります。

そのため、夜もその存在で家の中を目隠したい場合には、1枚ではなく2枚設置するようにしましょう。

これは、2枚重ねておけば1枚1枚にある程度隙間があろうと、その隙間が綺麗に重なる確率は十分に下げられるためです。

ただ、それでも外からの目線に不安を感じるのであれば、加えてレース付きのミラーカーテンを合わせて使うのがおすすめです。

あまり、すだれとカーテンを合わせて使うという状況を、思い浮かべられない人が多いかもしれませんが、設置してしまえば意外と違和感はありません。

機能性の高いカーテンも近年では増えていますが、機能性の高さに加えて、独特の雰囲気もすだれの魅力です。

昔懐かしい街並みなどでは、すだれを目隠しに使っているものの、夜の明かりが漏れている光景は風流があるものです。

上手に活用してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする