子供用の着物を手作りしたい!オシャレなアンサンブルの作り方

スポンサードリンク





着物は長方形の反物を直線的に切って、真っすぐ縫うだけで縫製ができるので、手芸になれていない人でも作りやすい服です。

ミシンがなくても、手縫いでチクチク縫うことができるので、家事の合間などに少しずつ縫い進めることもできます。

少し大きいくらいで作っておけば、着付けの時に調整ができるだけでなく、子供の身長が大きくなった時も何年か続けて着ることができます。

子供用の着物の作り方

作り方の前にまず、木綿、麻などの生地を一晩くらい水につけて水通しして、アイロンをかけておきます。

次にインターネットなどで、無料で提供されている子供用の型紙を探して、身長や体形に合った寸法を元に型紙を作成していきますが、広い紙がなかったり面倒だったりする人は、直接生地に型をチャコペンシルで書き込んで裁断しても大丈夫です。

子供用のサイズは小さく、着物はほとんど直角の線で型を作れるので、生地に直接書き込んでも失敗しにくいのもうれしいポイントです。

慣れている人は、縫い代部分を含めてまとめて裁断しても大丈夫ですが、初めて裁縫をする人は、縫い代部分が分かるようにしっかり線を引いておきましょう。

子供用の着物アンサンブルの作り方

アンサンブルは着物と羽織を同じ生地で作っても、少しテイストが違う生地で作っても、おしゃれになります。

ミシンの場合は、端をジグザグミシンや端ミシンで処理をしていきますが、手縫いの場合は、千鳥縫いや直線縫いで処理をしたり、手間はかかりますが袋縫いで処理をしたりすると、きれいに仕上がります。

次に付けひも、袖を縫い、背縫い・衿下・おくみと作り方の手順にそって縫製していきます。

衿を付けて脇・裾まわりを縫ってから袖を付けると完成です。

羽織も同じ手順で縫い合わせていくと、アンサンブルが完成します。

子供用の着物に洋服用の生地を使う

オシャレでお安い着物を作りたい時は、洋服用の生地を使うと生地が安いだけでなく、デザインのバリエーションが豊富なので、子供が喜んでくれる着物を作れます。

洋服用の生地は、幅広なので端切れがでやすいというデメリットがありますが、生地が余ったら、ポーチやサッシェなどを作るとコーディネートが統一できてよりオシャレになります。

綿、麻、ウール、ポリエステルなどどんな素材でも作ることができますが、できるだけ凹凸や風合いがある生地を選ぶと高級感があり、男の子が喜びそうなデニム生地で作ってみるのもお勧めです。

また、洋服用の生地で作っておくと洗濯がしやすいので、少々汚されたりしても気になりません。

アンサンブルの作り方は、とても簡単なのでぜひチャレンジしてください。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする