カビ臭いカバンを無臭にしたい時に便利なグッズをまとめてみた

スポンサードリンク





カバンの中がカビ臭い、そんな時には、除菌するお手入れが有効です。

除菌といっても市販のお部屋用スプレーではなく、しっかりとした方法で、菌や臭いを取り除く方法です。

本革のカバンは特に、それ自体がカビの栄養になってしまうので、お手入れを疎かにしたり、空気のこもった場所に放置していると、やがて増殖して臭いが発生します。

カビ臭いカバンは天日干しすると効果的

丸洗いできる素材なら、隅々まで洗って、十分に乾かすのがベストです。

しかし、丸洗いが難しい素材であれば、中身を取り出し、口を大きく広げて、天気の良い日に天日干しすると効果的です。

長時間の放置は、素材の劣化を招くので、日が高い位置にくる時間帯に、1~2時間ほどの天日干しでOKです。

天日干しをしてもまだ気になるなら、何度か繰り返してみるのが良いでしょう。

乾拭きや使い古しの歯ブラシ、綿棒などで埃を取り除き、薄めた中性洗剤に浸し、固く絞った雑巾で汚れを拭き取ってから天日干しです。

カビ臭いカバンを重曹と一緒に置く

それでも臭いが残るなら、重曹と一緒に、しばらく置いてみるのもありです。

重曹は、あらゆるものを吸着する性質を持っていて、油汚れ落としなどでも重宝します。

例えば、適当な容器に適量を入れて、下駄箱に置いておくと、こもった空気が綺麗になって、臭気が気にならなくなります。

これと同様に、カバンの中に入れて、口を閉じて置いておけば、カビ特有のツンとした臭気がなくなるはずです。

より強力に除去したいなら、水で溶かして、スプレー容器で噴霧したり、布に染み込ませて拭き取る手もあります。

重曹はそのままだと乾いて白っぽくなりますから、少し置いたら水拭き、乾拭きをして仕上げましょう。

カビ臭いカバンは消毒用のアルコールが役立つ

大抵のカビ臭さは、重曹で対処できますが、まだ残るのであれば、深く根を張っていて取り除けていない恐れが強いです。

確実に除菌して除去するには、いわゆる、消毒用のアルコールが役立ちます。

カバンの素材のことを考慮すると、乾燥後に、何も残らない消毒用エタノールが最適です。

成分はアルコールと水ですから、アルコールが乾燥するのと一緒に水分も飛びます。

全体にスプレーするのもありですが、布で拭き取るようにするとより綺麗になります。

カビ臭いカバンは塩素系漂白剤または酸素系漂白剤を利用

シミができるほどのカビは、塩素系漂白剤でなければ、歯が立たないでしょう。

ただ、塩素系漂白剤は脱色作用が強いので、色柄ものには使えないのが難点です。

いずれにしても、本革には使えませんが、塩素系ではなく、酸素系の漂白剤なら、ナイロン製に限り臭いの除去に使える可能性があります。

酸素系漂白剤は酸化力で除菌する仕組みで、色柄ものであっても、使いやすいのが特徴です。

洗えない本革などのカバンの最終手段は、専用クリーナーで、それ以外は酸素系漂白剤の浸け置きが有力な手段となるでしょう。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする