コンクリート床の部屋の湿気対策にピッタリな道具とは

スポンサードリンク





コンクリート床は湿気によるカビ対策が必要

戸建て住宅や、アパート、マンションなどの建造物で、コンクリート床を採用している環境では、湿気が気になってしまうことは多く、早急に対策を行わないと、室内はカビが繁殖してしまうリスクがあります。

少しのカビでも年数が経過すると、既に綺麗に除去できない状態になる可能性もあり、人体に悪影響を及ぼすので、しっかりと対策を行うことは欠かせません。

コンクリート床といっても戸建て住宅の場合は、床下がコンクリートで埋められており、床下で発生した湿気が、床面まで悪影響を及ぼす場合も少なくはありません。

コンクリート床の湿気対策に湿気防止剤と防湿マット

この環境では、湿気防止剤となるスプレー式の道具が販売されているので、床下に入って塗り広げることにより、手軽で簡単に室内環境を良好に保つことができます。

この方法では不十分な住宅事情では、防湿マットを敷き詰める方法があり、床下のコンクリート部分に覆い被せるように施工することで、地面からの悪影響を防げるのではないでしょうか。

コンクリート床の湿気対策に発泡ポリスチレンなどの断熱材

他に使える道具は、発泡ポリスチレンなどの断熱材を入れる方法も、効果があります。

発泡ポリスチレンは、厚さ違いの商品が販売されているので、ある程度の厚みを持たせたものを使えば問題はありません。

発泡ポリスチレンのメリットは、価格が安くて、カッターで簡単に切断できる素材なので、素人でも簡単に使いこなせることもメリットではないでしょうか。

単体で使う方法も効果はありますが、防湿マットと併用することで更に完璧に仕上げることができます。

コンクリート床の湿気対策にウレタン層を作る

他にも、ウレタンフォームを作り出す缶スプレーも、道具としては効果があり、床下のコンクリートに吹き掛ける方法で、密着性にも優れたウレタン層を作り上げることに役立ちます。

床下設置用の換気扇なども、道具として販売されていて、正しく使えば湿気対策には有効ですが、床下に取り付ける電気製品になることから、コストを気にする方や、壊れているかどうかの判断を簡単に行えない位置であれば、避けた方が賢明かもしれません。

コンクリート床の湿気対策にフローリング化

床下コンクリートの問題以外に、室内が元々コンクリート床に仕上がっている住宅においては、夏場は快適かもしれませんが、冬期間に入ると、冷気が伝わってきて、室内で暖房機を利用している場合、湿気が増える可能性が出てしまいます。

カーペットやラグマットを敷いて生活をしていて、何ら問題がないと感じている方は、そのまま生活を送れますが、そうではない場合は、床面に対して防湿シートや断熱シートを敷き詰めた上で、カーペットを敷き詰める方法と、思い切ってフローリング化する方法も、対策では効果を発揮します。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする