柚子の小さい実っておいしいの?大きさ別に検証してみた

スポンサードリンク





日本在来の果実であり、1年を通して食べられますが、特に冬の時期に最盛期を迎えるのが柚子です。

柚子の良さはさわやかな香りと酸味

柚子の良さというのは、さわやかな香りと酸味であり、食べ方としては、細かく刻んでゆずジャムにしたりしますが、基本的には果実液だけを絞ってお菓子の材料や、鍋や麺類を食べるときの薬味として用いります。

そんな柚子ですが、一般的に見かけるのは、黄色い皮をした野球ボールほどの大きさの果実です。

しかし、先に言ったとおりに1年を通して食べると言いましたが、それは大きさによって味わいが違うので重宝されます。

ゆずには2つの収穫期があり、一つ目は初夏の時期で、2つ目は11月後半から12月の前半です。

初夏の時期になる柚子の小さい実

1つ目の初夏の時期というのは、厳密には収穫期というわけではなく、柚子はグレープフルーツと同様に、多くの果実をつける特徴があります。

そのままの状態だと、栄養が分散をしてしまい、市場に並ぶ際の基準になっている野球ボールほどの大きさに育たないのです。

そこで11月後半から12月の序盤の最盛期に備えて、この初夏の時期に、職人が目で確認をして、大きくなりにくいと判断した物を収穫することで、栄養を行きわたらせます。

ただ大きくなりにくいと判断された柚子は、捨てるのではなく、この小さい時期であっても、有効的に活用されるのです。

この小さい時期に収穫されたものは、残念ながら未成熟で、苦みが強すぎるため、生食をするのには向いていないです。

その点小さい時期の特徴というのは、果実液の中にさわやかな強い香りと、少々の苦みが含まれています。

そのさわやかな強い香りと苦みは、お肉や魚の臭みを取り除いてくれるので、皮だけをすりおろして香りづけにする、もしくは、少量だけ液を絞って薬味にする、という方法がとられるのです。

11月の後半から12月前半の最盛期の柚子の実

そして2つ目の収穫期というのが、本格的に市場に並ぶ、11月の後半から12月前半の最盛期になります。

この時期となると、初夏で取られた分の栄養を吸収し、認知度の高い黄色い野球ボールほどの大きさになっているのです。

この野球ボールほどの大きさになると、さわやかな香りはそのままですが、小さい段階の時にあった苦みは薄れ、その代わりに糖度が含まれるようになります。

この時期になると生食も可能となりますが、ただ強い酸味があるので、慣れていない人には食べづらいです。

そこで、砂糖と一緒に煮ることでジャムにしたり、皮だけを刷り落とした後に、唐辛子の粉末と混ぜて作る、大分名物の胡椒にすると食べやすくなります。

このように、大きさによって味わいが違うので、特徴に合わせて使い分けると、おいしく頂けるのです。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする