成人式に行かない理由がお金なら絶対に行くべき!?

スポンサードリンク





成人式は、昔から日本にある伝統的な儀式のひとつです。

成人式に行かないのはお金が掛かるから

一般的には、正装して地域主催の式典に参加するというのが通常の流れです。

でも、実は成人式に出席しないという人は、思いのほか多くいたりします。

その理由はいくつかありますが、成人式に行かないのはお金が掛かるから、という人も決して少なくはありません。

成人式に正装はお金が掛かる

一般的には、男性はスーツで、女性は振袖を着て式典に参加しますが、正装というのはお金が掛かるものですよね。

たった1日の式典のために、そんなに高い費用は払えない、という人だって中にはいるはずです。

だからといって、ひとりだけ着物を着ないで、普段着に少しだけお洒落をした格好で出席するというのも、なかなか勇気がいるのではないでしょうか。

成人式に無理をしてまで出席しなくても良い

一生に一度きりの式典だから、お金を理由に、欠席するべきではないという考え方は、確かにあるかもしれません。

でも、それは、人それぞれの考え方だということではないでしょうか。

どうしても一生一度の式として参加したいのならば、周りがどんな格好をしていても、堂々と出席すれば良いし、やはり、自分だけみんなと違う装いは辛くなりそうだと考えるなら、無理をしてまで出席しなくても良いのです。

着物を着ることが出来る、数少ない機会だからというのであれば、別の機会に、写真館等で着物を着て撮影することだって可能です。

むしろ、借金をしてまで周りと同じように着物をレンタルして、無理して、当日に出掛けるよりもお金が貯まった時に、家族等で正装をして、みんなで写真を撮る方が一生の思い出になるということもあるでしょう。

成人式出席も大切なのは自分の気持ち

成人式の式典に出なかったことで、後悔をしているという人も中にはいますが、逆に、まったく後悔していないという人も、たくさんいるということを覚えておいてください。

そして、何よりも大切なのは、自分の気持ちであるということも忘れてはいけません。

確かに借金をすれば、当日に晴れ着を着ることは出来ます。

もちろん、それをひとつの大人になったセレモニーとして受け止め、働いて借金を返すというのも、悪いことではありません。

でも、自分の気持ちの中で納得が出来るのであれば、お金をかけてまで、式には出たくないというのも、ひとつの立派な判断だと言えます。

それは、ひとりの成人として周りは周り、自分は自分と割り切れる、強さを持った証拠だと考えられるのではないでしょうか。

そして、どちらを選択するにしても、選んだことを後悔せずに生きていくことこそが、ひとりの大人として、社会に出ることに大きな意味を持たせることに繋がるはずなのです。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする