成人式に行かない人は男女どちらが多いのか?

スポンサードリンク





成人式はどこの地域で参加するの?

20歳になったお祝いとして、日本では成人式があります。

各自治体が企画をして式が行われるわけですが、基本的にはその時、住民票がある所で案内が来ることが多いです。

大学で下宿している場合は、帰省をするか、学校がある地域の式に参加するかは、どちらでも大丈夫ですが、地元でないと知っている人も少ないですし、あまり参加する方はいません。

成人式に行かない男女の割合

ちなみに成人式に行かない男女の割合は、どちらの方が多いのか、と思った方はいませんか。

アンケート結果によると、参加しなかった男性は39パーセント、一方女性に関しては29パーセントでした。

では具体的に、どういった理由で行かなかったのかみてみましょう。

成人式に行かない理由-忙しい・仕事

第一に、忙しいし、予定がある場合です。

20歳という事で、社会人になっている方もいますし、お仕事が忙しくて、それどころではないというケースもあるでしょう。

会社の都合上で、土日祝日が休めないという場合も有れば、大学で地元を離れている場合は、帰省することが出来ない理由として、とらなければならない授業があったり、金銭的な問題も出てきます。

行かない理由で一番多いのは、このように、忙しかったり、仕事などの都合がある場合です。

成人式に行かない理由-会いたくない友達がいる

続いては、会いたくない友達がいるケースです。

地元で成人式に参加するとなれば、懐かしい人達と再会することになります。

過去にいじめられていた場合は、いじめっこたちに会いたくないですし、元カレや元カノと嫌な別れ方をした場合は、会いたくないでしょう。

各地域で企画されている式の場合や、学校ごとでまとまって座ったりする場合には、なおさら顔を合わせることになりますし、気まずいという事で欠席する人もいます。

成人式に行かない理由-友達がいない

引越しをしたり、中学受験をしている関係で、友達がそこにいないという場合も有ります。

ほかの人は、わきあいあいと楽しんでいるのにも関わらず、せっかくそこに行っても、知っている人がいなければ独りぼっちになってしまいます。

成人式に行かない理由-お金がかかる

男性はスーツで参加することがほとんどですが、女性の場合は振袖が多いです。

そのため準備をするのにお金がかかるという事や、準備が面倒臭いという事で行かないケースもみられます。

レンタル着物を利用すれば、少し費用は抑えられますが、それでも十万円以上かかることは多いですし、当日の美容院も予約が立て込んでいて、深夜から着付けをスタートしたりと大変な面も有ります。

そういった経済的、その他の負担を考えて、面倒になってしまうから、成人式に行かないという女性も意外と多いのもあります。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする