秋刀魚の煮物は圧力鍋で楽に美味しく作れる!?

スポンサードリンク





秋の味覚と言えば秋刀魚、という人も多いのではないでしょうか。

健康に良いといわれている青魚の一種で、焼いても煮ても、美味しくいただくことができる素材です。

旬の時期は味が良くなるだけでなく、そのほかの季節に比べると、より安い値段で手に入るのも嬉しいところといえます。

秋刀魚の煮物を作るのなら圧力鍋

そのような、秋が旬の美味しい秋刀魚の煮物を作るのなら、圧力鍋で調理をするのがおすすめです。

煮魚を作る時には、簡単にレンジで、調味液と一緒に加熱するという人もいるかも知れません。

しかし、圧力鍋を使えば骨まで柔らかくなり、骨ごと食べられる煮物を作ることが出来ます。

せっかく魚を食べるのなら、食べ残す部分は減らしたい、という人は多いでしょう。

魚の食べ残しがあると、生ごみの臭いも気になるため、できるだけ捨てる部分は少ないほうが嬉しいものです。

もちろん骨まで食べると、現代人が不足しがちな、カルシウムもたっぷり摂ることができます。

そのようなことから、秋刀魚の煮物を作るのなら、骨まで柔らかくすることができる、圧力鍋を使うことをおすすめします。

普通の鍋で、時間をかけて煮ることに比べても、少ない加熱時間で済ませることができるので、ガス代の節約にもなるのもメリットです。

秋刀魚の煮物を圧力鍋で調理する方法

まずは、材料を用意しておきましょう。

メインとなる秋刀魚2尾に対して、ショウガ1かけ、それに水400ミリリットルと醤油大さじ2杯、料理酒とみりんがそれぞれ大さじ1杯ずつです。

まず、秋刀魚を買って来たら頭と内臓を取り除き、半分にカットします。

また、ショウガは千切りにしておきます。

準備が終わったら、圧力鍋にすべての材料を入れてふたを閉め、強火で加熱しましょう。

圧力がかかったら火を弱め、20分ほど煮てから火を止めます。

秋刀魚の煮物の美味しい食べ方

そのまま圧力が抜けるまで放置しておき、完全に下がったら出来上がりとなります。

完成した煮物は、出来上がってからすぐに食べるのも良いですが、一度冷ましてからいただくと、より味が染みて、おいしくいただけるのでおすすめです。

夜ごはんに食べる予定であれば、余裕を持って早めに作っておくと、さらに美味しくいただけます。

圧力鍋の使い方に注意

圧力鍋は使い慣れていないと、何となく怖いように思われることも、あるのではないでしょうか。

しかし、使い方を確認してから手順通りに使用すれば、それほど難しいものではありません。

暫らく使っていなくて、使い方を忘れたという時には、一度説明書を読んでから使うと良いでしょう。

また蓋を開ける際に、完全に圧力が抜けてから開けるように、気を付けることがポイントです。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする