おでんの献立にぴったりな子供が喜ぶ食材をまとめてみた

スポンサードリンク





おでんは様々な具材が入っており、それだけで十分なおかずになるのですが、実際には、ご飯とおでんは相性があまりよくなく、家族うけも悪いことが多いです。

そのため、他にもおかずをつくることが多く、献立として考えても、どうしても主菜とは言えず、どちらかと言えば、副菜の位置に属してしまいます。

おでんの献立に子供が喜ぶ野菜

おでんの具材には、昆布や白滝、こんにゃくや卵、はんぺんや大根、ロールキャベツなど栄養面では優れているので、おかずを他につくる場合は、魚や肉を摂りすぎないようにすることがポイントになります。

卵は明らかにたんぱく質ということが理解できますが、はんぺんや厚揚げ、ちくわもまた、たんぱく質が含まれています。

はんぺんやちくわなどには、魚のすり身が使われており、十分に魚を摂取できているからです。

そのため献立を考える場合は、できるだけ魚や肉を摂りすぎず、野菜をたっぷりと使用するようにすると、栄養バランスも良くなります。

おでんの献立に子供が喜ぶ野菜を使った献立

野菜を使った献立に、かぼちゃやオクラ、ほうれん草やピーマンなど、緑黄色野菜を意識したものを取り入れます。

子供が喜ぶ、カボチャのサラダやオクラと長芋のあえ物、ほうれん草のお浸しやピーマンのきんぴらなどがおすすめです。

漬物も野菜をふんだんに使っており、さっと食べられるものではありますが、漬物は塩でつけるため、塩分を摂りすぎてしまうので、不向きです。

おでんは意外と塩分が強く、そこに漬物を加えてしまうと、必要以上に塩分を摂ることになるので、注意しなくてはなりません。

子供に不人気な大根を利用

子供が喜び、すぐにできる献立には、ブロッコリーのツナマヨサラダ、アボカドのあえ物、レタスサラダや焼き芋などがあげられます。

おでんには大根が入っていることが多いですが、子供には不人気であり、大根を好んで食べる子供は大変少ないです。

そのため、どうしても大根が食べられないようであれば、その大根を利用して、ポン酢と和えると良いでしょう。

おでんの献立に子供が喜ぶ焼き芋

焼き芋はおやつの意味合いがありますが、ご飯を食べないのであれば、取り入れても大丈夫です。

この他おでんを少なめにして、冷しゃぶサラダや焼き魚を添えるのも良い方法です。

冷しゃぶサラダは豚肉を使用しますが、湯通しをするので脂を取り除くことができ、大変ヘルシーになりますし、さらに緑黄色野菜を多く摂ることができるので、野菜不足も解消されます。

なお、使用するドレッシングは、かけすぎないように注意してください。

塩分はむくみの原因となるので、体にとっても良くありません。

うまく、だしや柑橘系の果物を利用して、塩分を抑えるようにします。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする