松茸の値段がカナダで急上昇!?その秘密に迫る!

スポンサードリンク





食欲の秋とも言うべき季節が到来し、夏の暑さも収まったシーズンには、食欲が湧くのも事実です。

秋の食物といって、思い浮かぶものは多数存在しますが、その中でも必ず思い浮かぶ食材は、松茸ではないでしょうか。

その香りも良く、焼いてそのままで食べても良し、炊き込みご飯にしても美味しく頂けるのが特徴的になります。

ただ松茸と思い浮かべると、日本国内では高価な食べ物と位置付けられおり、なかなか食卓に並ぶ機会がないのも事実です。

松茸の値段を海外と比較

値段もべらぼうに高く、ピーク時には一本が10000円をするほどで、なかなか庶民には手が届かない食材になります。

ところが松茸を食する文化があるのは日本だけで、和食の食材に使われることが多いだけで、海外ではあまり食べられないものと言われています。

つまりここまで値段が高いのは、日本だけの話で、実際に輸入すれば4本で3500~4000円の間で出回ります。

国内産と比較しても、10分の1の料金で入手することが可能です。

松茸の輸入先

海外でも様々な国から輸入をしますが、カナダなどの北米産・メキシコ・韓国といったアジアなどが著名になります。

もっともおススメになっているのが、北米産のもので、なかなか国産と比較しても外見は違いますが、味は違わない状態です。

カナダなどの北米産の優れている点は、国産よりも香りが強い点があります。

しかも色が白で傘が開いた状態を特徴にしています。

松茸の値段はカナダ産は急上昇

それだけでなく食感が優れており、おまけに香りも良いということもあり、料亭などの飲食店でも人気です。

日本人は、そのまま松茸を食することも多いですが、どちらかといえば、茶碗蒸し・炊き込みご飯を好む傾向が強いかもしれません。

そのため、香りを楽しむ点に拘る場合であれば、完全にカナダ産に軍配が上がります

秋のシーズンになると、カナダ産の松茸は値段が急上昇する傾向が強く、それは日本に輸出するためです。

日本産の松茸と海外産の松茸の値段

当然に需要が高まり、供給が追い付かなくなれば、希少になりますので値段も高くなるので、まさにその状態になります。

もっとも日本に輸出をしても、国産のものよりも10分の1が相場になりますので、日本においても、お求めがしやすいのは事実です。

そこで、料理や家庭でも値段が高くなれば、出来る限り底値を狙って入手をしたいと考えます。

国産は早ければ、8月の終わりから出回りますが、それに伴って、初期の輸入の海外産も値上がりしていきます。

松茸の値段の底値時期

そして様々な産地から集まり市場に出回り始め、10月終わり頃には、底値を迎える傾向があります。

その頃には、海外産も底値を形成し、10月以降はカナダ産でも底値で購入出来るので、そのタイミングが狙い目です。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする