フライパンでできる松茸の美味しい焼き方を紹介!

スポンサードリンク





松茸の香りを生かした調理方法

秋ならではの美味しいきのこと言えば、松茸を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

高級食材であるため、普段の食事の際にはなかなか食卓に並ぶ機会もない場合も多く、特別な食材というイメージも持たれがちです。

古くから香りが良いとされていて、松茸を食べる際には、その香りを生かした調理方法が選ばれています。

例えばご飯に炊き込んだり、土瓶蒸しにしたり、シンプルに焼いて食べるということも多いです。

風味を最大限に楽しむ焼き松茸

風味を最大限に楽しみたいというときには、焼くという調理方法が選ばれることもあります。

日本料理店で焼き松茸といえば、網焼きにするのが一般的です。

しかし、松茸を家庭で焼く場合には、網を用意して調理するのは難しい場合もあるでしょう。

そのような場合の焼き方には、トースターや、魚焼き用のグリルを使用する方法もあります。

またさらに、手軽に調理をしたいという場合には、フライパンを利用した焼き方もできます。

トースターや魚焼きグリルが自宅にないという場合には、この方法で簡単に調理をするのがおすすめです。

松茸を購入する際のポイント

せっかく高級食材の松茸を食べるのであれば、購入する際には、傘が開きすぎていない丁度良いサイズのものを選ぶことがポイントになります。

売られているものの中には、傘の部分がまだあまり開いていなく、閉じているものや、完全に開いた状態になっているものもあるものです。

しかしせっかくなら、良い状態のものを選びましょう。

松茸の美味しい焼き方フライパンで焼く調理法

買って来たら、ボウルに水を入れて、少しずつ水を掛けながら汚れを落とします。

完全に水に浸してしまうと、せっかくの香りや食感が無くなってしまうので、水は少量だけ着けるようにするのが大切です。

そして、石づきを包丁で削ぎ落しておきます。

その後、食べやすいように1本を2つに分けますが、包丁で全てをカットしてしまわないのがお勧めです。

分ける際には、傘の部分に包丁で切りこみを入れるだけにして、手で裂きます。

半分に分けたら、再度傘に切り込みを入れておきましょう。

そして松茸には全体に塩を振ります。

やや高めの位置から塩を振ると、まんべんなくかけることが可能です。

そうしてアルミホイルに載せてフライパンに入れたら、蓋をして加熱します。

焼きあがったら皿に盛り付け、あればスダチを添えましょう。

食べるときには、スダチを絞っていただきます。

松茸は、人工的に栽培することが難しいため、高級食材となっている貴重なキノコを自宅で手軽に調理するのなら、このようにフライパンを使って焼いてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする