教習所の予約から運転免許の取り方まで徹底解説!

スポンサードリンク





運転免許を取得するためには、教習所通いをするのが一般的です。

通学をする方法もあれば、合宿に参加をして卒業を目指すスタイルもありますので、自身に合った方法で取得を目指しましょう。

教習所で予約なしで受けることが可能な学科

教習所でやることは、大きく2種類に分けることができます。

一つは学科で、座学で交通ルールや標識の持つ意味、運転のコツなどを学びます。

基本的には予約なしで受けることが可能ですので、提供される学科のスケジュール表を見ながら、参加できる時間に行くようにしましょう。

実際に車に乗車して運転感覚を養う実技

もう一つは実技で、こちらは実際に車に乗車して、ハンドル操作や運転感覚などを養っていきます。

第一段階では、敷地内のコースをまわることになりますので、初めての人でも、安心して練習を行うことができるでしょう。

第二段階になると、路上に出ることになり、実際に他の車と一緒に走る練習を行います。

教習所で予約が必要な実技

学科と実技を並行して進めていくことになりますが、注意したいのが、実技に関しては予約が必要ということです。

学科は都合の良い時に、教室へ行って受けるだけで良いのですが、実技においては、事前に予約の手配をしなければいけません。

そして混雑時期の場合ですと、なかなか予約が取れないこともあり、先に進められないようなケースもあるのです。

したがって、早め早めにスケジュールを考えるようにし、実技の手配を行っておくことが肝要です。

教習所の実技の予約の取り方

予約の取り方は、特に難しいものではありません。

入校をする時にカードを渡されますので、それを専用の機械に通して手配を行うだけです。

教習所によっては、ネットから手配を行えることもあります。

やり方については、教習所により異なる点もあるため、事前にチェックしておくようにしましょう。

また、教習所によっては、気にいった教官を指名できる制度もあります。

実技の最終チェックは教習所の卒業検定

学科と実技を進めていくと、最終的には卒業検定を受ける段階に入ります。

卒業検定では、実技の最終チェックを行うことになり、実際に運転を行ってみて、卒業をさせても問題がないのかどうかを、教官に判断してもらうことになります。

もしも落ちてしまった場合でも、やり直しがききますが、教習所の契約期間もあるため、その期間内に合格をしなければいけません。

運転免許センターの学科試験合格で運転免許を取得

無事に卒業をできたとしても、まだ運転免許を取得することはできないです。

卒業の後は、運転免許センターでの学科試験が控えており、この試験に合格をしてこそ免許を取得できます。

何度も受験をすることはできるものの、試験には費用が掛かります。

学んだことをしっかりと思い出しながら、少ない回数で合格をできるようにしましょう。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする