教習所で応急の救護を一人でできるようになる為のコツ

スポンサードリンク





自動車の教習所に通学している場合、ほとんどの学科や実地に関しては、授業やマンツーマンで教えてもらう形になりますので、受け身の姿勢で勉強します。

そのため、他人と一緒に授業を受けることがあるものの、教官以外の他人との会話をする機会は、ほとんどないに等しいです。

自動車教習所で蘇生技術を学習する学科

しかしそんな自動車の教習所であっても、通っていく中で他人と接する機会が存在する唯一の学科に、救護学科が存在します。

その学科は、例えば運悪く事故を起こした場合に、救護を必要とする人が出た場合に、救急車が到着するまでの蘇生技術を学習する学科です。

自動車を運転していれば、人を跳ねてしまうケースも十分に想定されるため、人命は尊いことからも、現場にいる人は救護をする必要があります。

自分が跳ねて人を死なせてしまうのは許されない行為で、少しでも望みがあれば、応急の措置を行い助けることが重要です。

自動車教習所で教えてもら応急措置

こうした応急の処置の仕方に関しても、教官から逐一教えてもらう流れになり、実際には専用の本も存在しますが、その説明を受ける形になります。

ただ頭ではその応急の措置を理解していても、実際に事故の現場に遭遇した場合には、そのやり方自体がパニックになることも多いはずです。

そのため実際に実演を行うことで習得する流れがあり、それを教習所で教えてもらいます。

ハイテクな人形を相手に人工呼吸

ハイテクな人形を相手に、一人で助けるための人工呼吸を展開していきますが、慣れない人は難しいです。

大抵はある程度の人数で応急救護の学科を受講することになり、しかもハイテクな人形も数に限りがありますので、他人とペアになります。

ところが慣れない上に実際に声をかけてから、人工呼吸を行う形になりますので、自発的に声を出し行う必要があります。

男性でも恥ずかしがり屋や女性などでは、この声を出すことができず、人工呼吸をすることも、他人にも見られて行動するので恥ずかしいものです。

実際には生半可な感じで実技をしてしまうため、ほとんどの方が教官に叱られることも多くなります。

自動車教習所で応急の救護を一人で出来るようになる

そこで教習所の応急的な救護を一人でできるようになるためには、まず恥ずかしさを捨てることがポイントです。

自分が事故を起こして相手を引いてしまったという、生々しい状態を想定することが重要になります。

そういった状態になれば生半可な気分が抜けるので、自然とどうすれば良いのかということを、真剣に考えるようになるはずです。

もちろん一人でできるようになるためには、お手本となる人の見よう見真似を行っていきます。

それを見て、自分も作業をしてみて、それを繰り返し行うことで一人でも出来るようになります。

自動車教習所で応急の救護を習い一人で出来るようになるには、難しい事ですが、こんなチャンス二度とないと思って真剣に取り組みましょう。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする