自動車の教習所で学科ごとの授業の受け方を紹介!

スポンサードリンク





教習所で受ける学科は、第一段階と第二段階に分けられます。

自動車の教習所の学科第一段階の受け方

第一段階では、自動車運転の基礎的なことを学びます。

基本の部分ですので、まだ免許を持っていない人でも、何となく分かる部分もあるのではないでしょうか。

外を歩いていたり、自転車に乗っていたりする場合にも、見掛けるような信号や標識などを教わりますので、より理解を深められ楽しく学べるはずです。

交通ルールや運転マナーなども教わり、実際に路上を走る際の大切な知識となるため、しっかりと身につけていくことが大切です。

自動車の教習所の学科第二段階の受け方

第二段階では、より専門的な知識を学んでいくことになります。

高速道路での運転のポイントや、自動車の点検方法、他にも応急救護の学習といったこともやらなければいけません。

この段階に入ると実際に高速道路を走ったり、心臓マッサージの練習を行ったりもします。

自動車の教習所の学科の受け方

教習所での学科の受け方ですが、受講すべき番号の時間に教室へ行き授業が始まるのを待ちます。

番号の順番は関係なく受けることが可能ですので、自身のスケジュールに合わせて、都合の良いものから受けるようにしましょう。

ただし、第一段階の人が第二段階の番号を受けることはできません。

まずは第一段階目を終わらせてから、次にいく必要があります。

学科を効率的に進めるためのポイント

学科を効率的に進めるためのポイントですが、受けられる時に受けておくことです。

教習所通いは面倒に感じる人も少なくないようで、後回しにしてしまうこともあるようですが、きっちりこなしていかないと、次の段階に進めませんので卒業も遅くなります。

最悪の場合は、卒業が間に合わずに、お金がまた掛かってしまうこともあるため、余裕を持ってどんどん進めていくようにしましょう。

なお、実技に関しては予約を取る必要がありますが、学科は予約不要で受けられるためスケジュールを組みやすいはずです。

また、間をあけることなく進めていった方が、覚えた内容を忘れてしまう心配もありません。

時間があいてしまうと、学んだことを忘れてしまうこともあるため注意したいところです。

授業で学んだところはきっちりと覚えておく

第一段階にも第二段階にも共通することですが、授業で学んだところは、きっちりと覚えておくことも肝要です。

仮免学科試験の時や、免許センターでの本試験の時に、落ちてしまうケースもあります。

技能はOKでも、テストで足踏みをすると、免許の取得は叶いませんし、しかも落ちる度に費用が掛かってしまうことで負担もかさみます。

大切なところは授業の時に、教官が教えてくれるはずですので、忘れないようポイントを押さえておきましょう。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする