教習所で使える各学科ごとの必勝勉強法を紹介!

スポンサードリンク





運転免許証を取得するためには、学科試験を突破する必要があります。

教習所で使える各学科ごとの必勝勉強法を知っておくと、効率的に学習を行っていくことができるはずです。

暗記が必要とされる部分を効率良く勉強する

試験では暗記が必要とされる部分と、普段の実技で自然と身についている部分の、両方が出題されます。

標識や車の種類、積載などに関しては、暗記しなければならない部分です。

けれども、横断歩道に歩行者がいるときの対応方法などは、普段の実技でも意識しながら運転しているはずなので、わざわざ暗記を行う必要がありません。

まずは、教科書を読みこんで、暗記するべき箇所を見極めておくことが大切です。

欄外に小さく書かれているポイントや、教官が丁寧に説明している部分は、出題されやすい傾向があるので、この辺りは、しっかりと読み込んでおくことが必要だと言えます。

教科書全ての内容を把握しておくことが大切だと言えますが、効率良く勉強するためには、暗記すべき場所に絞って学習を進めることがおすすめです。

定期的に行われる効果測定を受けること

このような方法で勉強を続けていき、定期的に行われる効果測定をしっかりと受けることも大切だと言えます。

指定された回数に合格する必要がありますが、そのときにクリアすることだけを目標とするのではなく、毎回問題を真剣に解いておきましょう。

本番のような問題が出題されるので、問題形式に慣れておくことが大切ですし、同じような問題が出題されることもあるので、間違った部分は復習しておくことが大事です。

また、コンピューター学習機が設置されている教習所も多いですが、これを活用して勉強を行っておくこともおすすめだと言えます。

教習中に空き時間ができてしまうこともあるはずなので、無駄に過ごすのではなく、学習機を活用して勉強しておくと良いでしょう。

試験で合格するための勉強法

試験で合格するための勉強法としては、数値や標識などはしっかりと暗記すること、普段の実技講習から正しい知識を身につけておくことが大切だと言えます。

教科書に記載されている内容や、教官から教わった内容以外が出題されることは基本的にないので、こういった部分から得られる知識を、しっかりと自分のものにしておくことが重要です。

出題される問題の中には引っかけ問題もあるので、これについては、どのような問題が引っかけとして出題されやすいのか、インターネットなどで調べておくことがおすすめだと言えます。

教習所で習うことをこのように勉強しておけば、本番でも、しっかりと問題を解くことができるような力を身につけることができるでしょう。

教習所の学科の勉強法を考える時は、普段、教官から教わっている事を忠実に頭の中に入れておくことが一番大事な事と考えられます。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする