高校生からの奨学金利用は恥ずかしい事なのか?

スポンサードリンク





昔と違い高校生の奨学金の利用は恥ずかしいことではない

昔は奨学金を利用するのは、恥ずかしいと認識する子どもが大勢いました。

一般的に貧しい家庭が利用するものと考えられていたので、周りに利用していることがバレると、貧乏というレッテルを貼られるケースがあったのです。

しかし現在は時代が大きく変化しており、高校生で奨学金を利用するのが、当たり前になってきました。

日本全体が貧乏になっており、これは教育の現場にも言えることです。

正規よりも非正規雇用のアルバイト教員のほうが、圧倒的に多いという学校もあります。

学校側の運営費が不足すると、必然的に学費を上げざるを得ないので、進学する側にとって出費は増えてしまいます。

結論をいえば、高校生から奨学金を利用するのは、決して恥ずかしくはありません。

奨学金は借金であり返済が必要

ただし注意したいポイントがあり、それは、借金であることを忘れてしまうことです。

給付型に関しては問題ありませんが、貸与型はすべて借金だと考えてください。

たとえ無金利であっても、借り入れした金額は、全額返済しないといけません。

昔は、親が返済してくれる家庭が数多くありましたが、現在は、親世代の余力もなくなってきています。

そのため学校を卒業して働くようになったら、自力で返済していく必要があるのです。

借金は夢や目標の早期実現をサポート

日本人は周りと比較することで、自分の立ち位置を確かめるという性質があります。

そのため、周りで奨学金を利用している人が少ないと、自分が利用することに恥ずかしいと感じてしまうようです。

一方で、周りでも大勢が利用していれば、抵抗を感じないというケースが目立ちます。

高校生が大学進学を目指すために、お金を借りるのは悪いことではありません。

そもそも、借金は夢や目標の早期実現をサポートする、という役割があります。

社会人になって自力で稼ぐようになり、学費を貯めてから大学進学をするとなれば、何歳になるかわからないでしょう。

奨学金を利用するには責任を伴う

結論として、目的があって奨学金を利用するのは有意義なことです。

ただし、借りたお金を返したくない、踏み倒そうなどと考えてしまうのは、恥ずかしいことです。

頑張って支払いをしたいけど、病気や怪我で、仕事ができなくなって返せないのは仕方ありません。

しかし、本人に返済する意思がない、または返済能力はあるけど返したくない、といった道理は通用しないです。

延滞が長引けば、取り立てを受けることになり、最終的に債務整理をする状況になるでしょう。

連帯保証人を設定している場合は、その人に迷惑をかけることになります。

奨学金というお金を借りるのには、高校生でも責任を伴うのだと認識する必要はあるでしょう。

高校生が奨学金を利用して、目標としていた大学を目指す事を、恥ずかしいなどと思わずに、前に向かって頑張ってほしいですね。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする