冬休みの作文コンクールで賞を取りたいなら高校生が有利!?

スポンサードリンク





学生時代にはさまざまなイベントごととして、運動会や文化祭などを挙げる方は非常に多いです。

一方、学生時代のイベントといわれると、よく挙がる行事の一つとして、冬休みなど年末に行われることも多い、作文コンクールがあります。

冬休みの作文コンクールは高校生が入賞しやすい

基本的に学生を中心としたイベントで、各々季節やお題に合わせた内容で作文をするというものです。

投稿した内容で評価がなされることもあれば、会場で発表の仕方などと合わせて評価される形式まで、コンクールの内容はさまざまです。

ただ、どのような作文コンクールであっても、入賞者は基本的に高校生が多くなる傾向にあります。

このことから高校生が有利なようにも感じられますが、なぜ高校生が入賞しやすいのか、考えられる理由はさまざまです。

なぜ冬休みの作文コンクールで高校生が有利なのか

まず第一に考えられるのは、コンクールの参加制限において、最年長になりやすいからというものになります。

冬の作文コンクールといっても、テーマに合わせて色々な内容のコンクールがあるわけですが、基本的に参加制限がなく、誰でも参加できることはありません。

小学生~大学生など、学生を中心とした参加制限が設けられていることがほとんどです。

社会人が参加できるコンクールはそれほど多くはなく、基本的に16歳~18歳の高校在学中の学生が最年長になりやすいので、文章能力や構成力、語彙力などが小学生、中学生に勝る分、入賞しやすいというのは十分に考えられます。

また、高校の生活と小学生と中学生の学生生活にはさまざまな差があり、作文に幅ができるため有利になりやすいという点も理由の一つです。

高校生の作文は面白い内容

基本的に中学生以下の作文は、部活や親族などを中心に人間関係について書かれることが多く、単純に読み物として面白くない内容に仕上がってしまいます。

また、審査員も評価する際に、つい面白くないからと評価を下げてしまうことがあります。

逆に高校生になると、アルバイトなどを始める人が増えるため、一人旅で遠くの観光スポットを巡ったり、友人と感動的な体験をしたりする機会が増えます。

一気に行動範囲や感受性が培われた表現力・語彙力と共に鮮明化されていくため、高校生の作文は面白い内容になりやすいです。

高校生は学生時代の一つの節目

やはり個人のキャッシュによって生まれる体験の差が、多少なり作品の質に関わってしまいます。

また、一概に言えることではありませんが、高校生というのは学生時代の一つの節目であるともいえる時期です。

特に3年制の場合、青春が終わるということもあるため、良くないことですが審査員が多めに見て審査してしまうことも、少なからずあるかもしれません。

結局、冬休みの作文コンクールは高校生が経験などから有利に働いてしまうのは、当然なのかもしれません。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする