高校でまさかの留年決定。さて、親への言い訳はどうする?

スポンサードリンク





大学と違い高校で留年してしまう人の割合はかなり低いのが現状です。

その割合は0.5%程度といわれており、2~3クラスに1人いるかどうかの人数です。

高校を留年すると居心地が悪くなる

周りと同じように普通に勉強をして登校していればほとんどの人は進級することができます。

しかし、高校で留年してしまうと、1学年下のクラスに変わってしまうため、居心地は良くないかもしれません。

周りが全員年下になってしまいますので、人によっては居心地がよくなくなることもあり、メンタルへの負担は大きいでしょう。

高校を留年しても十分リカバーできる

しかし留年してしまったとしてもすべてが終わったわけではありません。

社会に出ていない高校生で挫折をしたとしても、まだ人生のスタートラインにも立っていないような状態なのです。

まだ十分リカバーすることが可能です。

高校を留年したら親の説明はどうする

ただし親には説明しなくてはなりません。

そのまま在学する場合は1年負担をかけてしまうことになるため、どうしてそうなってしまったのか理由をはっきりさせ、説明するようにしましょう。

学校によっては赤点を取ってしまっても、追試や補習を受けることによって進級できるような救済措置を用意しているところもありますので、先生にどうにかできないか相談することも大切です。

どうしても留年を回避することができない場合は親に説明しましょう。

学校によっては親が呼び出されることもあります。

自分の進路について考え直す良い機会

高校生にもなれば自分の進路は自分で決めるだけの判断力があると考えられますので、親に説明をするとき、自分はどうするのかまず考えを伝える必要があります。

そのまま在学して卒業を目指すのか、中退して就職したり、検定を取ることで大学の受験資格を得るのか、自分の進路について考え直しましょう。

定時制の高校へ転校するという選択肢もあります。

挫折したからと言っても、その先に道がないわけではありません。

中退しても自分のやりたいことをやり通して有名になった起業家やアーティスト、プロの職人はたくさんいます。

1年分ハンディーキャップが生まれたとしても、もともとの同級生からは様々な情報を得ることができるので、その後の人生がスムーズに進む可能性があります。

社会に出てしまえば年齢などそれほど重要ではない

大切なのはもうなってしまったことにくよくよせず、これから先をどうしていくか決めることです。

人に負い目を感じてしまうかもしれませんが、社会に出てしまえば年齢などそれほど重要ではなくなります。

年上の部下、年下の上司などの関係はごく普通にありますし、年齢を前面に出して相手と向き合うことは少ないでしょう。

留年というめったに体験できない経験は、話のネタにしたり、自分の印象を強める道具にすることもできるでしょう。

若いうちの1年や2年、大学受験浪人すれば、すぐに、高校留年なんて追いついてしまいます。

何事も前向きに考えて、新たなチャレンジをしていきましょう。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする