女子高生なのに抜け毛?若者にも押し寄せるストレス社会の闇

スポンサードリンク





育毛サロンを利用する年代層は若年化していると言われています。

昔は薄毛になるのは大人だけだと認識されていましたが、今は子どもが薄毛に悩まされるケースがあるのです。

女子高生の抜け毛にストレス社会が大きく関係

女子高生が抜け毛で困っている話もあり、これにはストレス社会が大きく関係していると言われています。

高校生は大人が想像している以上に悩みを抱えていることが多いです。

大学受験を控えているならば、志望校に合格できるのか不安を抱えていることでしょう。

高校卒業後に働くにしても、不安があるのは当たり前のことです。

精神的に不安定になりやすい時期ですから、抜け毛が増えてしまうのは仕方ないのです。

心因性の薄毛と心の問題

過剰なストレスは、自律神経のバランスを悪化させます。

身体のバランスが崩れるわけですから、例えば食欲が低下したり頭皮がオイリーになったりするのです。

心因性の薄毛という言葉があるように、心の問題は頭皮や髪にも影響してきます。

頭皮が皮脂でギトギトしてくると、毛穴をつまらせる原因になります。

毛穴にフタをしているような状態ですから、毛髪の成長を妨げてしまうのです。

抜け毛は毎日50~100本程度あるのが当たり前ですが、200本といったレベルで毎日抜けるようになると問題があります。

薄毛がコンプレックス

生えてくるよりも抜ける量のほうが多くなれば、次第に頭髪がスカスカになってきます。

女子高生はメンタルがデリケートですから、髪が薄くなればすぐに気づいてしまうでしょう。

例えばヘアブラシをかけるとき、ヘアスタイルがまとまりにくくなったりします。

男子高生は細かいことは気にしない子が多いですが、女子高生はそうはいきません。

薄毛がコンプレックスになると塞ぎこんでしまい、学校に行きたがらない子も出てくるほどです。

女子高生の抜け毛の一つは脳に緊張を与えている

一方で女子高生の抜け毛や薄毛は、解消するのがさほど難しくありません。

もともと女子は、髪が薄くなりにくい性質があるためです。

女子高生の抜け毛の多くは、ストレスが引き金になっています。

ストレスは自分が思っている以上に、自覚が難しいという性質があります。

例えば布団に入りながらスマホを操作しているだけでも、脳に緊張を与えているのです。

ストレスは自分で自覚していなくても、脳が認識しているわけです。

女子高生の抜け毛とストレス解消法

心の負担を取り除くためには、早寝早起きを習慣にしてみましょう。

例えば就寝する1時間前には、スマホを見ないようにしてみてください。

ブルーライトをカットするだけで、脳の緊張を解放できるのです。

質のよい睡眠を実現するためには、心の安定がカギになります。

女子高生が日頃気にしている抜け毛や薄毛は、ストレスが多く関わっていましたね。

そんなストレスの解消法は、昔から言われてきた早寝早起き。

寝る時にもスマホは欠かせないのはわかりますが、脳を少しでも休めるために、寝る前のスマホは止めましょう。

そして、健康的な生活で、心も体もリフレッシュしていきましょう。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする