女子高生の抜け毛が増える原因は?

スポンサードリンク





髪は女性の命であり、長く美しい髪は女性らしさの象徴です。

もし女子高生という若い世代のうちに抜け毛が増えたら、将来が心配ですね。

女子高生の髪の毛は健康のバロメーター

細くなってハリやコシが無くなり、毛量が少なくなったらヘアスタイルがなかなか決まらず、髪の毛のオシャレを楽しむことができなくなる可能性があります。

髪の毛は健康のバロメーターとも言われていますし、髪の毛が元気がないということは、自身の心や身体の不調のサインになっていることもあります。

健康な頭皮と髪をキープすることが、男性から見て魅力的な女性になる近道です。

抜け毛を増やさないために、女子高生にありがちな薄毛の原因と対処法を紹介しましょう。

女子高生にありがちな抜け毛の原因と対処法

女子高生が抜け毛になってしまう原因の一つに、ヘアカラーの繰り返しによる頭皮への負担があります。

ヘアカラーは髪の内部で化学反応を起こすような成分で構成されており、カラーリング剤が頭皮に触れることによって、頭皮は刺激を受けることになります。

また、パーマ液やカラー剤はキューティクルを剥がす作用があり、キューティクルが剥がれると髪がダメージを受けやすくなってしまうのです。

ヘアカラーによって毛根や髪の毛にダメージを与え続けると、ヘアサイクルにも悪い影響を与え、抜け毛や薄毛といった症状に繋がりやすくなります。

対処法としては染めないのが一番ですが、それが無理ならば髪を染める頻度を減らしたり、美容室でプロにカラーリングをまかせたりなどがおすすめです。

女子高生の抜け毛の原因で多いのが女性ホルモンの乱れ

他に女子高生の薄毛の原因で多いのが女性ホルモンの乱れです。

男性と女性とで髪の薄くなり方が違うのは、ホルモンの影響によるもの。

男性は頭頂部や前頭部などを中心に薄くなりますが、女性は髪の毛の全体にボリュームがなくなり、薄毛になっていくのが特徴です。

女性の髪の成長には女性ホルモンエストロゲンが深くかかわっており、エストロゲンは毛細血管を拡張し、毛髪の寿命をのばす働きがあるのです。

そのため、何らかの原因でホルモンのバランスが乱れ、男性ホルモンのテストステロンが相対的に増えてしまうと、抜け毛が増えてしまいます。

ホルモンバランスを乱れさせる原因には、ストレス、過度なダイエット、睡眠不足や栄養不足があります。

女子高生も勉強や部活動及び受験勉強など、ストレスを感じ、睡眠不足や栄養不足となり、抜け毛の原因を作っている事が多いですね。

まとめ

髪の毛の状態はその人の健康を表していることが多いです。

ストレスをためない、適度に運動する、良質な睡眠をとるなど、規則正しい生活を送ることで、自然と髪の毛の健康は保たれます。

抜け毛が増えたと感じたならば、それを身体からのSOSだと捉え、正しいシャンプーなど髪の毛をいたわるケアや、規則正しい生活を心掛けることが大切です。

女子高生だからこそ、抜け毛の原因を知って、元気で健康的な高校生活を楽しんでほしいですね。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする