筆跡だけで「女子高生」と思わせる文字の書き方とは?

スポンサードリンク





女子高生らしい丸文字の書き方

代表的な女子高生らしい字の書き方と言えば丸文字ですが、こういった可愛い字を書くとき、女子高生は漢字よりも平仮名やカタカナを優先的に使うことを意識し、堅物そうな印象にならないよう気を付けています。

特に、字形が正方形に収まるようバランスを整え、縦長にならないようにすると、丸みを帯びるように書いた字の可愛さが増します。

ペンは細字ではなく太字を使い、紙に対して垂直になるように持つと良いでしょう。

可愛い字として使う頻度が多くなってくる平仮名やカタカナには、とめ・ハネ・はらいや、字体の特徴によって注意すべきポイントがあります。

女子高生の文字のバランスを変える書き方

まずご紹介するのは文字のバランスを変える手法です。

「す」や「お」は、丸を書く部分があるので、そこは大きめに書かれます。

数字の3のように「ろ」を書いたり、「ネ」の3・4画目は小さく、「る」は上半分を大きく書くようです。

アレンジとして、「ら」の1画目を水平に長く書いてくだけた印象を狙ったり、「か」や「む」の最後の画も、長くしたり、角度を変えて可愛くしています。

また、字体のバランスも変えてしまう例として、「あ」や「か」のカーブした線をまっすぐ引くこともあれば、まっすぐに組まれている線を少しだけカーブさせることもあり、こうした工夫が字を可愛くしていきます。

字の基本、とめ・ハネ・はらいの3点も、すべてしっかりと止め、ポップな字体に変えてしまいましょう。

漢字が女子高生らしさのある筆跡に

漢字を書くことで、可愛らしい印象から遠ざかってしまうと思われるかもしれませんが、漢字のパーツの大きさを調整することで女子高生らしさのある筆跡が維持できます。

ポイントは正方形になるように書く意識で、「神」であれば礻を申と同じくらいの大きさで書き、「恩」の場合は因を心と同程度の大きさで書いてポップさを出します。

また、「犬」や「土」といった縦線が横線から突き出た漢字は、突き出ている部分だけ短くすれば可愛らしさが出るでしょう。

女子高生らしさを表す仕上げの文字の書き方

デコレーションとして、書き始めや書き終わりに線や丸を足したり、字の輪郭を書いて太字にするテクニックで一段と字が可愛くなり、女子高生らしさが強く際立ちます。

アンダーラインや波線を文字の下に引くのも可愛いとされていて、こちらはとても簡単なので、丸文字を書いた後の仕上げに取り入れてみましょう。

また、「か」や「む」などの最後の画を丸く書いたり、花や星、ハートにすることも大切な工夫です。

ご紹介した書き方を実践し、女子高生らしさのある筆跡を手に入れましょう。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする