女子高生の靴下の長さが世代によって変わるのはなぜ?

スポンサードリンク





女子高生は、世代によって靴下の長さが違いますが、これはスカートの丈やカバンの種類といった違いにも現れるものです。

女子高生の靴下の長さは世代を現す特徴の1つ

つまり、女子高生の靴下の長さは、あくまでも世代を現す特徴の1つに過ぎず、その時代に可愛いと思われていた長さが定着したと考えることができます。

しかし、コーディネートの組み合わせや制服とのバランスも関係したり、時代背景も無視できませんし、ただ単に可愛いというだけでもないでしょう。

平成元年頃は女子高生の靴下の長さは短め

平成元年頃は短めが優勢で、半数近くの女子高生が短めを履いていました。

当時は校則の関係で選択肢が少なく、紺のハイソックスはダサいという風潮もあったので、消去法的に短めが主流になったと思われます。

ルーズソックスが大流行

平成も10年近くになると、今度は長くてだらしなく見えるルーズソックスが大流行を見せます。

ルーズソックスの着用率は半数以上で、女子高生なら誰もが身につけていた時代です。

ルーズソックス文化のルーツは、1980年代の後半に東京で流行した、白いハイソックスを緩ませて履く方法にあるといわれています。

ちなみにルーズソックスは和製英語で、その起源は登山用のブーツソックスです。

やがてコギャルを中心に更に緩ませて履く方法が流行りましたが、校則で禁止する学校が増えたことで下火になりました。

後に紺のハイソックスが復権、以降の世代は紺のハイソックスと短めが主力になっています。

現在、ルーズソックスは絶滅危惧種なので、崩して履く靴下のブームは終わったといえるでしょう。

勿論ブームは繰り返すものですから、新しい世代の女子高生の間で、再び流行ることは十分にあり得ます。

正統派の女子高生の靴下の長さにはいつの時代もファンがいる

長さが短めのソックスは、ルーズソックス全盛の時代を除いて、いつも常に安定した人気を誇ってきました。

ただ平成元年頃は、校則で仕方なく選ばれていた傾向ですが、平成30年頃の女子高生は、単純に可愛いという理由で選んでいるようです。

意外なのは、あまり人気のなかった紺のハイソックスが、ルーズソックス時代に一定の人気を獲得して、平成30年には更に人気を高めたことです。

やはり、正統派ともいえる靴下はいつの時代もファンがいて、時代が変わっても支持を集めていることが窺えます。

世代による靴下の長さの変遷

このように、世代による靴下の長さの変遷には、こういった時代背景やブームの変化があったといえます。

令和時代になってどう変化して新しいブームが起こるのか、今後も目を離すことはできないでしょう。

現代は、価値観の多様化やSNSの普及によって、どこでも簡単に流行は発生しそうですが、同時にかつてのような大きい流行が起こるかどうかについては未知数です。

女子高生の靴下の長さも、時代によって変遷していて、何十年後かに自分の娘と比較するのも楽しいものですよ。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする