女子高生の反抗期に絶対やってはいけない対応とは?

スポンサードリンク





反抗期は自我が確立し自分の考えを尊重する時期

女子高生の反抗期にやってはいけない対応は、怒鳴ったり手を挙げたりすることです。

親の期待通りに娘が動かないからといって、その時の感情に任せて行動してはいけません。

そもそも反抗期は自我が確立し始め、自分の考えを尊重する時期です。

決して悪いことではなく、しばらくすれば周囲との関係性も、考慮しながら選択するようになります。

女子高生は周囲の目が気になりやすい

怒鳴ったり手を挙げたりすることは、反抗期である娘を、罰したり否定したりすることと捉えられてしまいます。

すると女子高生の娘は自我を捨て、意見を持つことを諦めるようになります。

やりたいことも見つけられなくなり、自尊心を育めなかった大人へと成長します。

親に対しても確執を抱いたまま成長するため、いつまでも良い関係性を維持したいならば、娘を否定する行動は控えましょう。

暴力的な態度だけでなく、言葉による否定も同じことが言えます。

女子高生は周囲の目が気になりやすく、親から浴びせられた些細な言葉でも傷ついてしまいます。

親が周囲を気にしすぎることは女子高生に悪影響

また親が周囲を気にしすぎるのも、女子高生の反抗期にデリケートな心に悪影響があります。

世間体を気にして、仲の良い家族を演じる必要はありません。

今はギクシャクとした親子関係であっても、時期が過ぎれば適切な距離感に戻ります。

周囲に羨ましがられたいといった浅ましい考え方は、娘を苛立たせるだけでなく蔑みの感情まで抱かせます。

女子高生の娘の同級生と比べることは止めよう

周囲の目を気にする親によくあるのが、娘の同級生と比べることです。

成績や素直さなど娘に足りない部分を挙げても、娘が理想に近づくわけではありません。

むしろ反発心を駆り立て、それまで頑張っていた勉強や部活、習い事へのモチベーションを大きく下げます。

反抗期の女子高生がストライキを起こせば、誰も止めることができません。

親の説得に応じるわけでもないため、せっかく努力してきたことが崩れてしまいます。

頑張っていることや苦手なことは本人である娘が一番分かっているので、わざわざ親が周りと比べながら指摘する必要はありません。

親と娘の絶妙な距離感が大事

また、関心を持ちすぎるのも、持たなすぎるのもダメで、絶妙な距離感を大事にしましょう。

関心を持ちすぎてしつこく話しかければ、親を煙たがるようになり、ますますコミュニケーションを図りづらくなります。

関心を持たなすぎると、親に見放されたと勘違いして、精神的かつ社会的に落ち着いても、親と疎遠な状況が続きます。

友人や恋人などはあまり干渉せず、学業や進路など保護者の介入が必要な時にだけ真剣に話せる環境を作りましょう。

女子高生の反抗期にやってはいけない対応はかなり難しいですが、親子が信頼できる関係に近づけるよう、お互いの努力が必要なようです。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする