冬休みの俳句に使える単語と表現法の例まとめ

スポンサードリンク





俳句は、読書感想文と並び、難しく感じがちな冬休みの宿題です。

特に季語や独特な表現方法は、これまで全く馴染みがないと難しく感じるでしょう。

俳句は五七五に収めると独特のリズム感

俳句の基本的な作り方は、ひらがな表記で五・七・五です。

字余りや字足らずでも問題ない場合もありますが、五七五に収めると独特のリズム感が出ます。

季節を表わす言葉である季語も、五七五の中に入れておきたい要素です。

季語を使わない俳句もありますが、入れておくと冬ならではの表現ができるようになります。

冬休みの宿題に出された俳句で使える季語の例には、年末の情景を表わした句なら除夜の鐘・大晦日・年の暮れなのです。

これらの言葉を聞くと、年末の情景を思い浮かべる人も多いでしょう。

雪に関する季語は冬ならでは

年が明けた年始の句に使える季語の例には、お年玉・書き初め・初日の出などがあります。

もちろん、お正月という言葉も季語なので、これらの言葉を使って作ると良いでしょう。

時期を表現した言葉だけではなく、冬の季語には、情景を表わした言葉もあります。

たとえば、小雪舞う・かまくら・雪だるま・雪景色など、雪に関する季語は冬ならではです。

また、クリスマスやスケート・冬服など、冬にしか見られない情景を表わしている言葉も季語として使えます。

さらに冬の季語の例には、春を待つもあります。

寒い冬を耐え、忍び暖かな春を待つという言葉は、冬の季語なので使ってみると良いかもしれません。

日常のなかにある風景や気持ちを俳句で表す

冬休みの俳句の宿題として使える季語の例に、最適なものを挙げるとすれば、年末年始の風景や情景を表わすものが良いでしょう。

ちょうど冬休みの期間中に、見られる風景や情景を表わしている言葉が中心なので、初めてでも作りやすいかもしれません。

作るときの表現法として、参考例が欲しいなら、有名な句をいくつか調べてみると良いでしょう。

著名な俳人の句だけではなく、一般の小学生が作ったものも参考になります。

参考にしたものを、そのまま宿題として提出するのは絶対にやってはいけませんが、チェックしてみると、言葉の使い方が勉強になります。

冬休みの宿題に俳句があると、作り方がわからずに、なかなか手が付けられないかもしれません。

しかし五七五を意識しながら、身の回りにある情景を表現すれば、意外と簡単にできたりします。

何かを見て心動かされ、スマホで写真を撮るように、日常のなかにある風景や気持ちを、言葉で表現すれば、それは立派な俳句といえるでしょう。

さまざまな冬の季語を調べつつ、日常生活のなかで五七五を意識しましょう。

高校生の冬休みの宿題として俳句が出されたら、まずは、例として有名な俳人の句を参考にする事が大事になると思われます。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする