文化祭の開会式で失敗しない挨拶のコツを伝授!

スポンサードリンク





文化祭で開会式をお願いされたけれど、初めての挑戦で不安だと思う方に取って、失敗しない挨拶のコツをお伝えいたします。

文化祭の開会式の挨拶は「誰に何を伝えたいのか」を考える

まず「誰に何を伝えたいのか」「練習量」がポイントになります。

この文化際の開会式を通して、「誰に何を伝えたいのか」について考えることが重要です。

自分の気持ちや思いを伝えたいと思っても、受け手に取って、何も響かないこともあります。

選挙の演説を思い浮かべて見ましょう。

候補者が日本の世の中を変えたい、こうした政策を今後実施したいと聴衆に伝えるとします。

そこで、受けてである聴衆が候補者の演説を聞いて、「共感」をしなければ、それは候補者の独壇場となり、意味のないものになってしまします。

文化祭の開会式では共感できる挨拶を

そのため共感できる挨拶を考えて見ましょう。

例えば、今回の文化祭を通じて、どのような目標にたいして、達成をしたいのか、具体的な数字を述べるのもありでしょう。

準備を通して、どのような大変さがあり、今こうして開会することができたのか、思い出話を添えて共感を訴えることもよいですね。

このように、誰に何を伝えたいのか、そしてそこから「共感」を呼ぶことができるかについて考えてみることが必要です。

文化祭の開会式では挨拶の練習を

次に練習です。

先ほどの選挙演説の話に戻りますが、候補者は聴衆の前で演説する前に、多くの時間を演説練習に費やしています。

途中で頭が真っ白になり、自分の言いたいことが言えない状況になってしまえば、それまでの自分の演説よりも、しどろもどろになっている自分の印象が受けてに強く伝わり、「この人は何を伝えたかったのだろう」と、聴衆はそう思ってしまいます。

そのため、文化祭前に多くの時間を、開会式の挨拶練習に費やして見ましょう。

制限時間があるならば時間をはかり、可能であれば、自分の音声を録音することをおすすめします。

その理由として、自分の話しているスピードと言うのは、案外わからないものです。

あとで録音した音源を再生すると、自分がどれくらいの速さで話しているか知ることができます。

焦りや不安などで、はやく話してしまいがちになります。

ですので、誰が聞いてもわかる自然なスピードを意識しながら、声の大きさなども調整し、練習を何度も行うことが必要になります。

まとめ

以上が、「誰に何を伝えたいのか」、そして「練習量」を重ねることで、失敗しない完璧な挨拶をすることができます。

年に一回の大事な晴れ舞台となるからこそ、印象に残る立派な挨拶になるように、日頃から以上のことを気にしながら行ってみましょう。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする