子育て支援センターの職員はどうして疲れるのか?

スポンサードリンク





子育て支援センターは、子育てを行っているお母さんたちを支援するための場所です。

子育て支援センターで実際にお母さんたちのサポートをしている職員は、いろいろと忙しい中で、あれこれとお母さんたちが安心して子育てをすることができるように気を遣いますし、いろいろと気疲れすることなども、時にありますので疲れることもあります。

そこで、子育てを支援するためのセンターの職員は、どうして疲れるのかということについてご説明してみたいと思います。

子育て支援センターの職員が疲れる原因(気軽に話かけるお母さんたち)

お母さんたちをサポートする職員の方も人間です。

そのため、お母さんたちと、ときに同じような辛さもあるのです。

例えば、子育てを支援するためのセンターの職員に、初対面で接するときにも、気軽に話かけるお母さんたちも多いです。

そんな、お母さんたちの対応を行うスタッフの方は、フレンドリーに話しかけてくれるお母さんたちの対応もおこないつつ、乳幼児を見ながらの受け答えを行う必要があるのです。

そうなると、二つのことに同時に、丁寧に対応しようとして疲れてしまうのです。

初めての状態で話すのが苦手な職員は疲れる

また、初めての状態で話すのが苦手、というタイプの方もスタッフにはいます。

こうしたことで気疲れしてしまうことも少なくないようです。

実際、初めて職員として仕事をしている人も、通いなれたお母さんたちから質問をたくさんされたり、頻繁に視線を感じると、気持ちも疲れてしまうこともあります。

お子さんやお母さんに気を使い精神的に疲れる

支援センターは、お子さんたちを育てているお母さんのサポートが目的です。

お子さんが遊んでいる場合、ともに見守ったり、お母さんと子供さんがともに楽しめるようにするのがスタッフの役割ですが、そうした役割を果たそうとすれば、精神的にも疲れるものでもあるでしょう。

責任感が強い方は、きちんと自身の役割を果たそうと努めます。

そうなると、精神的に疲れてしまうのです。

人見知りタイプのお母さんの場合、そのお母さんが他のお母さんと話をできるように、さりげないきっかけなども提供しようと気を回すなど、疲れてしまうということなのです。

子育て支援センターの職員が疲れる原因(行事の企画と実施)

さらに、支援センターの仕事は忙しいです。

イベントなどもありますし、そうした行事の企画を行うという業務もあります。

センターを訪れたお母さんとお子さんたちが、いっしょに楽しめるよう、季節に合わせた行事を盛り上げるためのアイテムを準備したり、企画を計画して実施したりしますし、業務を行うだけでも疲れることも多いです。

そのため、こうした仕事の忙しさなどもあり、センターのスタッフの方は疲れてしまうのです。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする