受験生が睡眠時間を確保できない状況は最低な結果を招くかも…?

スポンサードリンク





受験生が睡眠時間を削ると脳の機能が低下

受験生のなかには、睡眠時間を削って勉強時間に充てているという人が少なくありません。

ライバルに勝つためには、1分1秒でも多く勉強するのが一番と思うかもしれませんが、勉強の質も無視できないのです。

ダラダラと5時間かけて勉強するよりも、たとえ1時間でもいいので集中したほうが効率的です。

受験生が学習効率を上げるためには、時間と質のバランスが重要になります。

睡眠時間を削ると脳の機能が低下し、集中力や記憶力を発揮できなくなります。

すると学習効率が上がりませんし、覚えたことを短期間で忘れることになりかねません。

受験生こそ睡眠の重要性を認識しよう

トップクラスの成績優秀者は、睡眠時間をしっかりと確保しているケースが目立ちます。

1日に8~9時間は睡眠をとるという人が多く、本人も睡眠の重要性を認識しています。

1日に5~6時間も眠れば十分という人がいますが、脳はそう思ってはいないのです。

知らず知らずのうちに脳を酷使し、負担をかけていると考えてください。

少しくらい睡眠時間が短くても、すぐには悪影響が出ないかもしれません。

しかし不足が少しずつ蓄積していくと、慢性的な寝不足を招くことになります。

睡眠は貯金できないと言われているため、不足しないように毎日8~9時間を目安に眠る必要があるわけです。

多く眠りすぎた場合脳を怠けさせる原因になる

脳を元気にするには、最低でも7時間は睡眠が必要だと言われています。

これはあくまで最低ラインですから、できれば8~9時間を目安に確保したいです。

逆に多く眠りすぎた場合も、脳を怠けさせる原因になります。

1日に10時間を超えて眠っているならば、少し減らしていく必要があるでしょう。

眠りすぎると逆に、睡魔を呼び込む要因になり、常に眠気を感じる状況になりかねません。

勉強効率を上げるため適切な睡眠リズムを作り出す

受験生が勉強効率を上げるためには、適切な睡眠リズムを作り出すことが重要になります。

そのためには時間を確保するだけでなく、眠る時間帯もポイントです。

日によって床につく時間が、大きく変わるのは好ましくありません。

30分や1時間程度の変化があるのは仕方ありませんが、何時間も開きがあるのは問題です。

人間の脳は生活リズムに沿って機能しているため、毎日同じような時間帯に床につくことで、快適な睡眠を維持できます。

今日は22時に就寝して明日は徹夜というように、日によって睡眠時間と時刻が大きく異なると、脳は緊張を覚えてしまうのです。

すると、本来は眠るべき時間帯になっても、眠気を感じないという問題が生じることがあります。

勉強の効率を最大限に高めるためにも、早期のうちに睡眠リズムを確立してください。

受験生にとって睡眠時間は特に大切であり、睡眠時間によっては最低の結果になりかねません。

勉強だけでなく、睡眠時間も考えながら受験に向かっていきましょう。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする