受験生がバイトと勉強を両立させる時の注意点!

スポンサードリンク





勉強に集中すべき受験生になっても、バイトをしたい、あるいはせざるを得ない状況はあると思います。

一般的には両立が難しいと言われるこの二つを、うまく両立させてどちらも成功させるには、いくつか注意すべき点があります。

受験生がバイトと勉強を両立させるには、バイトの時間を取りすぎないこと

まずは大前提としてバイトの時間を取りすぎないことです。

受験生としては勉強時間に重点を置きたいところなので、それが逆転しないよう、シフトの調整を行うべきです。

働く時間を今までより短くできるならそれがベストです。

しかし、勤務時間が三時間以上など最低限の条件がある場合は、シフトを入れる日はがっつり働き、入れない日は丸々勉強に充てるなど、メリハリのあるスケジュールを立てることでも対応できます。

職場の方には受験生である旨を伝え、融通を利かせてもらえるようお願いしておくのも大切です。

受験生がバイトと勉強を両立させるには、バイト内容を再考すること

次にバイト内容を再考することです。

数年前から働いていて慣れている職場だとしても、勉強に支障が出る作業があるなら、変更を検討すべきです。

例えば、体を動かす立ち仕事がメインで、終わったあとが疲れてくたくたになってしまうなら、事務系の仕事に変えるか、シフトを夜に入れて、それまでの時間に勉強するなど工夫をします。

また、職場は学校または家から近い場所とし、移動時間が無駄にならないようにします。

楽しく働けることも大切なので、仕事内容や職場の人間関係で悩むようなことがあれば、迷わず変更しましょう。

受験生がバイトと勉強を両立させるには、スケジュール管理が重要

さらに、両立させる上で重要なのが、スケジュール管理です。

いつシフトを入れ、いつ勉強をするのかを毎日管理します。

移動時間なども余裕を持たせてスケジュールに組み込み、無理のない計画を立てることが大切です。

こうすることで働きすぎかどうか、勉強時間が足りているかどうかを、客観的に判断できます。

バイトにも勉強にも集中

バイトは勉強の邪魔になると思われがちですが、上手く利用すれば、受験生活にも良い影響をもたらす可能性があります。

職場の同僚や上司、あるいは馴染みのお客さんと会話をしたり、体を動かして働くことは、ずっと座って机に向かっている勉強とは真逆で、実はとても良い気分転換になります。

大切なのは、働いている最中は、受験のことを忘れてしっかりと働くことです。

受験は誰でも不安で、どれだけ勉強しても、勉強し足りない気持ちになります。

しかし、働いている最中は単語帳も見られないし、数式を解くこともできません。

バイトの作業にも支障が出たり、上の空で失敗が起きたりしかねません。

シフトを入れて決まった時間は意識を切り替えて、息抜きだと思って働くと、バイトを受験生活にうまく利用できます。

受験生がバイトと勉強を両立させるには、バイト時間はバイトに集中し、勉強時間は勉強に集中出来れば、バイトと勉強が両立でき、受験生活も充実するでしょう。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする