悩める受験生急増!平日に勉強できない理由とは?

スポンサードリンク





受験生になったけど、平日学校から帰って来てからは、どうしても勉強できないなと思います。

受験生は平日疲れて果てて勉強できない

理由は簡単で、一日動いて帰ってきたあとで疲れ果ててしまうからです。

高三になってから特に顕著になった感じです。

これは、高三になってから勉強の内容がより大変になったからだろうと思われます。

高一、二年のときの方がまだちょくちょく帰ってからもやれていました。

普通に学校の授業を受けるために座っているのでも、頭への負担度が違ったんでしょう。

高校の内容って、高校に入ったばかりのときも中学との差で面食らったりしますが、その後も、どんどん難しくなるんですよね。

高校三年生は学校では緊張しっぱなし

そして、三年となると学校の内容だけでも結構難易度高くて、またまた疲れてしまうんです。

しかも高校三年生は受験だからということで、二年生までのときと違って先生も入試を考慮した授業のやり方をします。

自分たちとしても受験のことは常に意識しているし、常に気持ちが緊張しているのも、疲れの大きな原因となっています。

どことなく一日中ずっと、自分の中で緊張感が漂いっぱなしという傾向はあるのかなと思っています。

受験生の平日の夕方は昼寝で勉強できない

そうするとなおさら、帰ってからどっと疲れが出るんですよね。

夕方、夕日がたくさん差し込んでまぶしい部屋の中でも、平気で二、三時間昼寝をしてしまうことは多いです。

そのため勉強どころじゃなくなっています。

この二、三時間を本当は勉強にあてたいのはやまやまなんですけど、どうしても体がベッドに横たわってしまうし、そのまま意識が薄れていってしまうしで仕方ありません。

受験生にとって夜の時間が勉強のチャンス

そうすると昼寝から起きて夜また寝るタイミングになるまでに、勉強のための時間は一、二時間を捻出するのでやっとになります。

これだと受験生にとっては痛いです。

ただ単に学校の宿題を急いで消化するだけで終わったりもしますし、意味があるのかなとちょっと悩んでしまいます。

しかし、今はこの夜の時間で勝負せざるを得ない、という現実からのがれることはできません。

体に無理がきかないならしょうがないですよね。

休日にまとまった勉強で挽回する

だから平日はそれだけでも細々とやって、休日にはまとまった時間を取って勉強することにはしています。

休日こそ、勉強を挽回するんだという覚悟でやっています。

これで効果が出てくれるといいんですが。

長期休みには、休息のバランスを取りつつ、受験直前期には、もうちょっと気持ち的に不安にならないで済むような生活をしたいと思っています。

また今は、平日は自分が家にこもり切りで、途中寝ちゃっても勉強の中身が濃い時間が作れるようにしたいと思います。

そのために、家庭教師の先生に来てもらうとか、オンライン授業を受けられる予備校に申し込むとか、アプリで勉強するとかいう方法もいいかなと考えています。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする