全国の大学受験生が冬休みに勉強時間で勝つ方法に迫る!

スポンサードリンク





大学受験生の冬休みは、いつもと違った、勉強時間を確保する必要があります。

高校生の冬休みはとても短いですが、基本的には冬休みに何かを成し遂げようとしても、少し時間が足りないのが実情です。

どこの大学を受けるのかにもよりますが、たいていの場合には、すでに仕上がっている内容の、アウトプットというケースが多いのではないでしょうか。

大学受験生の冬休みは生活ペースを保つことが重要

例えば、赤本のおさらいをしたり、人によってはこの受験の冬休み期間に取り掛かることになるはずです。

あまり詰め込みすぎても、自信がなくなってしまいますし、次の月にはセンター試験が迫っていますので、学習のペースを乱さないようにしたり、生活ペースを保つことが重要です。

大学受験生の冬休みは朝方のスタイルに切り替え

受験本番は、朝が早いので朝方のスタイルに切り替えておくのも、この時期にやっておきたいことです。

そのためには、朝は早めに起きて、午前中に頭が働きやすくなるようにしておきましょう。

午前中のうちに勉強をする習慣を身に着けることで、本番にも役立ちます。

冬期講習と家庭での休息

大学受験生は、ほとんどの人が予備校や塾に通っているはずですので、ほとんどの学生は冬期講習を受けるのではないでしょうか。

冬期講習は、一日の学習時間がかなり長いので疲れてしまうかもしれませんが、その分家庭ではしっかり休息をとる事が大事で、疲労をためないようにします。

睡眠時間は大学受験生にとってとても重要

身内の大学受験の時にも、やはり冬期講習がありましたが、自分のペースを乱さないようにしたり、その日のうちに就寝するようにして工夫をしていました。

睡眠時間をしっかりとることは、大学受験生にとってとても重要です。

7時間くらいの睡眠時間は、最低でも欲しいところですし、きちんと睡眠をとることで、塾の冬期講習にも取り組むことができました。

冬休みはあれもこれもと取り組みすぎない

一月と二月は、大学受験生にとって、国公立大学及びて私立大学の受験の勝負の時です。

冬休みは体調を崩しやすい時期ですので、あまり新しいことには取り組まず、いつも通りの勉強時間から増やしすぎないくらいで、ちょうどよいといえます。

焦ってあれもこれもと、取り組みすぎても気持ちばかりが焦ってしまいますので、いつもと同じ生活スタイルを保ちながらも、赤本をおさらいしたり、復習をして受験に備えましょう。

自分のペースをみださない勉強

全国の大学受験生は、冬休みに多くの場合冬期講習をしていますが、しなくても特に問題はありません。

学習のスタイルは人それぞれですので、自宅の方が落ち着くのであれば、それでも大丈夫です。

すべての科目を受講すると学費も高くなりますし、拘束時間も増えるので、苦手科目だけ受講するというのもお勧めです。

大学受験生の冬休みの勉強時間はあれもこれも取り組み過ぎない事、今までやってきた勉強の復習など、焦らずに自分のペースをみださない勉強が必要ですね。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする