初夢はいつの夜に見たもののことを指すのか?

スポンサードリンク





新年に見る夢を初夢といいますが、具体的にいつの夜に見たものを指すのか、知らないことは珍しくないです。

初夢をいつの夜の夢をとするかは諸説あり

大晦日の12月31日から元旦の1月1日にかけてなのか、それとも元日の夜から翌2日にかけてなのか、知っているようで案外知らなかったりします。

よく考えてみると、どちらの日も、夢を見なければ3日以降に初夢ということもあり得るので、余計に混乱してしまいがちです。

実のところ、初夢をいつの夜の夢をとするかは諸説あって、江戸時代の頃から議論されてきました。

未だに決着はついていないので、どれも正しいと考えるのが妥当に思われます。

新年に初めて見る夢の概念

新年に初めて見る夢の概念は、中国から伝わってきたもので、鎌倉時代の文献に記述が出てきます。

当時は、節分の夜から立春にかけて見る夢のことを指していました。

一方、室町時代になると大晦日の夢を意味するようになり、やがて年越しを寝ずに過ごす風習の誕生によって、元日の夜から2日にかけて見る夢の説が登場します。

良い夢を見る目的で、枕に敷く初夢札がが売られていた時代がありますが、2日の午後からの販売だったことから、2日から3日にかけての夢を指す説まで出てきました。

これが混乱を招いている原因で、現代になっても決着がつかず、結論が出ない理由になっています。

結局のところどの説にも説得力がありますし、1つに決めなくてはいけない理由はないので、いずれの説もOKと解釈することができます。

初夢の厳密な定義はない

仮にもし、新年に初めて見た夢と定義すれば、日付や期間を限定する必要はありませんから、この問題は問題ではならなくなるでしょう。

後はその人の捉え方次第ですし、元日に見る夢と考えるのも問題ないです。

ちなみに、江戸時代後期は2日から3日派が多く、明治以降は元日から2日派が増えました。

現代でも元日から2日派は少なくないようですが、厳密な定義はないのでどちらでもOKです。

初夢はいつの夜と考えるだけ無駄?

初夢札と同じく、縁起の良い七福神と宝船が描かれた夢見札を授与している神社でも、特に定義は設けていないようです。

定義がないとスッキリしない、納得いかないという人がいるのも分かりますが、こればかりは誰にも決めることはできないでしょう。

つまり、正しい日付は存在しないので考えるだけ無駄ですし、それよりもしっくりくる日に見る夢と捉えるのが現実的です。

身近な神社で尋ねてみれば納得はできるでしょうが、問い合わせる先によって答えが変わることも考えられるので、難しく捉えない方が良いです。

占い要素のある娯楽目的の強い性格の夢ですから、日付に関係なく、新年に見た夢で占うのが無難だといえるでしょう。

初夢はいつの夜に見たもののことを指すのか、考えているうちに夢に出てきそうですね。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする