最上稲荷の初詣には美味しい屋台めしが勢揃い!

スポンサードリンク





最上稲荷は岡山でも有名な初詣のスポットで、日本三大稲荷の一つに数えられ、毎年大晦日から正月三が日は大勢の初詣客で賑わいます。

最上稲荷の名物といえば柚煎餅とご縁饅頭

境内まで続く石段を登ると本殿があり、お賽銭を入れてお祈りをした後、線香と蝋燭を買って日本全国の神様が祀っている祠を回りながら参拝をするのが習わしです。

それ以外に、帰りの参道にあるお店通りを歩きながら、おいしい屋台飯を食べ歩くのも楽しみの一つです。

最上稲荷の名物といえば、柚煎餅とご縁饅頭で、柚煎餅は境内内の工場で作られた出来立てを試食することができます。

口に入れると柚子の香りが感じられる潮味の煎餅は、この通りのいたる所で売られていて、ここにお参りにきたことを示すお土産でもあります。

ご縁饅頭は五円の形の餡入り饅頭で、甘さもきつくなく何個でも食べられるもので、こちらも表面に最上稲荷のネームがついているお土産になる饅頭です。

温かいうどんで冷え切った体を癒す

この他にも、通常屋台で売られているフライドポテトやフランクフルト、りんご飴や綿菓子なども子供に人気で、大人の人でも串焼きや唐揚げなどお酒のおつまみになるものも沢山売られています。

味はどの品も昔ながらの屋台の味で、りんご飴も昔ながらの大きなものから食べやすく買い求めやすい小さめのもの、綿菓子も包装のふくろに最近流行りのアニメのキャラクターをあしらったものが多数あり、大きさも大小選ぶことができ、冬の寒い時期なのでうどんなどの温かい食べ物も人気で、お店の中で座って食べることもできます。

屋台やお店が並ぶ通りは、人の波で大変混雑しますが、ひとたびお店の中に入るとほっとする空気を感じ、昔ながらの食堂を思わせる店内で、冷え切った体を温かいうどんで癒すことができます。

最上稲荷の初詣に屋台を楽しむ

食べ物以外にも、お守りやおもちゃなども売っていて、お守りは人気のキャラクターのものや、本格的な豪華さを感じるもの、縁起ものの熊手、おもちゃも昔ながらの鉄砲やぬいぐるみなどがあり、子供だけでなく、大人の懐かしさと面白さでテンションがあがるものが沢山あります。

電車で行った場合は近くの駅から徒歩、車で行ってもこの通りが目につきやすく、混雑はしていてもつい歩きたくなる通りで、買い物をしなくてもこんなものも売ってるんだと、帰り道に見るだけでも楽しくなるお店でいっぱいです。

お店は大晦日から三が日は、ほぼ夜通うしやっていて、この期間は多くの参拝客が訪れます。

厳かな雰囲気の境内で、新年の初詣やでご祈祷を受け、帰りに大人も子供も楽しめる屋台通りを満喫するのが、最上稲荷の楽しみです。

年の初め、最上稲荷の初詣での帰りには、屋台を見たり、美味しいものを食べたりして、1年の計にするのも楽しいですね。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする