宮島へ初詣に行きたい人必見!例年の混雑状況など徹底解説!

スポンサードリンク





宮島の初詣で良い一年のスタート

広島県の宮島へ初詣に行きたいと、考えている人もいるのではないでしょうか。

パワースポットとも呼ばれていて、世界遺産に登録された国宝厳島神社に、新年の初めからお参りに出かけることができたら、良い一年のスタートが切れそうです。

しかし、それほどまでに有名な神社であるため、混雑状況が気になるという人は少なくありません。

できることなら、スムーズに参詣できるタイミングで訪れたいと考えても当然です。

ここでは例年の混雑状況をはじめ、初詣に宮島を訪れた際に知っておきたいポイントについて、解説しています。

宮島の初詣1月1日の0時の混雑状況

宮島にある厳島神社は、大晦日から年明けにかけての時間帯、ずっと開門されているわけではありません。

12月31日の17時になると、一度門は閉ざされ、その後1月1日の0時に、再び開かれることになります。

そのため、0時の開門と同時に境内に入ることができるように、22時頃には多くの人達が既に集まって賑わいを見せるのが特徴です。

宮島の初詣の元日の混雑時間

1月1日の午後は18時半まで開門されていますが、その後は、翌朝の6時半まで閉門されることになります。

元日は、多くの人が参拝に訪れていますが、例年16時以降となるとそれまでよりは混雑は緩和されます。

そのためどうしても1月1日に訪れたいのであれば、16時から閉門までのあいだに訪れると良いでしょう。

元日以外の宮島の初詣の混雑

2日や3日は、9時前と15時以降であれば、割とスムーズに参拝することができます。

また、4日も三が日と比べると参拝しやすくなっているので、人込みが苦手な人であれば、三が日を外してお参りに行くのもおすすめです。

宮島の初詣はマイカーか鉄道か

厳島神社のある宮島に行くためには、船に乗って行かなくてはなりませんが、大晦日のフェリー乗り場は混雑していて、時間帯によっては車では乗れない可能性もあります。

車でない方が、スムーズに島に渡れる可能性が高いです。

大晦日や元日は臨時便が出ているので、通常よりも頻繁にフェリーは行き来しています。

フェリー乗り場の近くにある駐車場は、それほど多くはありません。

そのためマイカーではなく、鉄道で宮島口駅まで来る人も多くいるのが特徴です。

厳島神社の初詣は公共の交通機関がベスト

初詣のために厳島神社に出かける際には、マイカーではなく、公共の交通機関を利用したほうがあまり待つことなく、訪れることができるのでおすすめです。

毎年元日の日中は混んでいるので、どうしても1月1日に行きたいというときには、16時過ぎにするとスムーズになる可能性があります。

また2日や3日も早朝や夕方であれば、混雑を避けてお参りできるでしょう。

このように、宮島の初詣には、混雑をいかに避け参拝するかが課題になりますね。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする