北摂エリアの初詣スポット、屋台の出店が多いのはココ!

スポンサードリンク





大阪府の北摂エリアは、1980年以降大規模な宅地開発がなされたベッドタウンが広がっている地域です。

しかし、1400年代の南北朝時代には北朝の朝廷が置かれていたこともあり、地域一帯に大小様々な神社仏閣も点在している過去と現在の良き風景が残る場所です。

北摂エリアは関西を代表する初詣スポット

これらの神社仏閣では毎年初詣の神事・仏事もなされており、関西を代表する初詣エリアをなっています。

その中でも注目したいスポットが「豊中稲荷神社」「寝屋川成田不動院」「北神神宮」の3か所です。

これら3つの神社仏閣では約600軒もの屋台が毎年出店しており、大勢の人々で賑わいを見せます。

北摂エリアの初詣スポット「豊中稲荷神社」と屋台の出店

「豊中稲荷神社」は豊中市にある神社で、主神として天照大神を祀られているところです。

約680平方メートルの境内には3つの拝殿があり、七五三や結婚式も執り行えます。

北摂でもっとも初詣で賑わう場所であり、正月三が日で約400万人もの人々がおまいりに訪れてるほどです。

大阪メトロの服部緑地前駅から1kmの参道に屋台が出店しますが、毎年各店が趣向を凝らした屋台グルメを出すことでも有名です。

韓国料理・綿菓子・りんご飴・おでんを買って食べ歩きも楽しめます。

北摂エリアの初詣スポット「寝屋川成田不動院」と屋台の出店

「寝屋川成田不動院」は寝屋川市にある寺院で、千葉県にある成田山新勝寺の別院です。

この寺院では正月三が日は初詣と同時に、交通安全祈願祭も執り行われ、府内だけでなく近隣の兵庫・京都・奈良県からもおまいりに訪れる方が多いところです。

寺院境内では屋台は出店されませんが、参道の両脇400mの範囲で約200軒の店が毎年出ています。

くじ引きからタピオカドリンク・カステラ・クレープなど比較的スイーツ系の屋台が多いのが特徴です。

車で訪れる方が多いですが、JR学研都市線の東寝屋川駅から徒歩10分の位置にあり、屋台を見てまわるのであれば徒歩で行くのがおすすめです。

北摂エリアの初詣スポット「北神神宮院」と屋台の出店

「北神神宮」は枚方市にある神宮で、奈良県との県境の山手にあります。

普段は深い緑に囲まれた場所ですが、正月の初詣期間中は都心部からたくさんの人々がおまいりに来ます。

神武天皇を主神としいており、元旦には宮内庁から勅使も訪れて天皇に代わって祈祷を受けられるほどの由緒があるところです。

JR学研都市線の星野駅から約1.5kmの参道の両脇で、計300軒の屋台が軒を連ねる光景を見ることができます。

焼きそば・お好み焼き・たこ焼き・ぜんざいなど、様々な屋台グルメを横目に見ながら散策を楽しむことができます。

北摂エリアで初詣のお参りをしながら、出店した屋台を楽しむのも良いもんですよ。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする